【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

ドリエルなどの睡眠改善薬を服用しても眠れないのはなぜ?

睡眠薬は医師の処方箋が必要な薬ですが、ドリエルなどの睡眠改善薬は薬局や一部ネット通販で購入することができます。ですが、睡眠改善薬は睡眠薬とは違い、『睡眠改善薬を飲んでも眠れない・・・』と悩む方が多いようです。

ここでは、睡眠改善薬を飲んでも眠れないのはなぜか、ということについて説明します。

鼻炎薬で眠くならない人は、睡眠改善薬でも眠くならないかも

睡眠改善薬の主成分はジフェンヒドラミンというものですが、これは鼻炎薬は風邪薬に含まれていることが多い成分です。鼻炎薬や風邪薬を飲んだら眠くなったという経験があると思いますが、睡眠改善薬で眠くなる仕組みも同じようなものなのですね。

鼻炎薬や風邪薬で眠くなることはありますが、そこまで強力な眠気に襲われるわけではないですよね。それと同じで、睡眠改善薬の催眠効果も、そこまで強いものではないのです。

鼻炎薬や風邪薬を飲んでもあまり眠くならない体質の人は、睡眠改善薬を飲んでもあまり効かないかもしれませんね。

睡眠改善薬は、軽度の不眠にしか効かない場合が多いです

睡眠改善薬は薬局などで購入できるだけあって、眠くなる効果は弱めになっています。病院で処方される睡眠薬と比較すると、その効果は歴然としています。

そのため、睡眠改善薬は比較的軽度の不眠にしか効かないことが多いのです。

ですので、次のような症状の不眠の場合は、睡眠改善薬では効果が出ないかもしれませんね。

  • もう1ヶ月以上眠れない日が続いている
  • 毎日寝付くまで2~3時間以上かかる
  • 夜中に何度も目が醒めて眠れない
  • 不安や緊張が強くて眠れない

中途覚醒、早朝覚醒、不安が強い不眠には効果が出づらいかもしれません

また、睡眠改善薬は中途覚醒や早朝覚醒の悩みに対しては、効果が出づらいと思われます。基本的に、睡眠改善薬は寝付きの悪さを改善するために服用すると考えましょう。

また、日中の不安が強い場合には、睡眠改善薬では眠れない場合があります。睡眠改善薬には気持ちを落ち着かせる作用はないのです。

一方で、睡眠薬であれば、中途覚醒や早朝覚醒に対応できるものや、不安が強い不眠に対応できるものもあります。

睡眠改善薬が効かなくて、病院を訪れる人も多いのです

実際に不眠を訴えて病院を訪れる人の中には、『ドリエルなどの睡眠改善薬を服用しても眠れなかった』と訴える人が多いようです。病院に行ったほうが良いくらいのレベルの不眠症であれば、睡眠改善薬を使っても効果はあまり期待できなそうですね。

基本的に、1ヶ月以上不眠の悩みが続いている場合には、睡眠改善薬を服用するのではなく、初めから病院に行くことを考えたほうが良いと思います。

以上、睡眠改善薬を服用しても眠れない理由を説明しました。私としては、睡眠改善薬を使うのも良いのですが、日常生活の中での工夫や、サプリを飲んだり、寝具を変えたりという方法でも不眠症を改善していける可能性はあるので、あまり睡眠改善薬に頼りすぎる必要はないかと思います。

もちろん、不眠症が長期間続いているなど深刻な場合には、睡眠改善薬を使うのではなく、初めから病院に行くほうが良いと思います。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。