【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

市販の睡眠薬(睡眠改善薬)、こんな人は使っても意味が無い!?

薬局などで買える市販の睡眠薬のことを、睡眠改善薬と言います(例:ドリエル)。薬局で買えるだけあって手軽に服用できることがメリットの1つですが、使ってもあまり効果が期待できなんじゃないかなというケースもあります。

ここでは、睡眠改善薬を服用しても不眠を改善しにくいと思われるケースを紹介します。睡眠改善薬を使ってみようかと考えている方、睡眠改善薬を服用している方は参考になるかもしれません。

長期的な不眠には、睡眠改善薬は効果がでないかもしれません

睡眠改善薬は、医師の処方箋が必要な睡眠薬とは成分が全く異なります。睡眠改善薬の主成分はジフェンヒドラミンというもので、これは風邪薬や鼻炎薬に含まれています。風邪薬を飲んで眠くなることがありますが、睡眠改善薬を飲んで眠くなる仕組みも、風邪薬と同じなんですね。

つまり、睡眠改善薬の効果は、『風邪薬や鼻炎薬で眠くなるのと、同じような催眠効果』と考えることもできます。そのため、催眠効果はだいぶ弱めなんですね。

1ヶ月以上続く不眠には、睡眠改善薬は意味が無いかも・・・

睡眠改善薬は効果が弱めなので、長い期間続いている不眠症には、効果を発揮しづらいのです。ここ数日眠れなくなった、という一時的な不眠なら良いのですが、1ヶ月以上も眠れない日が続いている場合は、睡眠改善薬では手に負えないケースが多いのですね。

中度~重度の不眠には、睡眠改善薬は効かないかもしれません

睡眠改善薬は眠くなる効果が弱めなので、軽度の不眠には効果があるかもしれませんが、中度~重度の不眠には効きづらい場合があります。軽度、中度、重度の違いと言っても明確な定義がないのですが、参考までに次のようなケースは睡眠改善薬では手に負えないかもしれません。

  • たまに眠れないのではなく、毎日眠れない
  • 毎日のように寝付くまでの時間が2~3時間以上かかる
  • 夜中に目が覚める回数が3~4回以上
  • 夜中に目が醒めてしまい、それから眠ろうと思ってもなかなか眠れない
  • 早朝に目が醒めてしまい、それから眠ろうと思っても眠れない

このような症状の場合は、睡眠改善薬を使っても眠ることが難しいかもしれません。

睡眠改善薬で就寝時刻を早めることはできません

『寝不足だから普段よりも早い時間に寝たい。そのために睡眠改善薬を使おう』

このような考えで睡眠改善薬を使っても、眠ることは難しいと思います。人の細胞には体内時計が備わっていて、それが眠くなる時間というものを制御しています。ですので、例えば12時に寝ている人が、睡眠改善薬を使って10時に眠ろうと思っても、体内時計に逆らっているために、寝付くことは難しいのです。

これは、睡眠薬でも同様です。単純に考えて、普段よりも2時間早く寝たいのであれば、2時間早く起床することを習慣づける必要があります。睡眠薬であっても、体内時計に逆らって就寝時刻を早めることは難しいのですね。

以上、睡眠改善薬を使っても意味が無いかもしれないケースを3つ紹介しました。睡眠改善薬を使っても効果がない場合の選択肢としては、病院で睡眠薬を処方してもらう、日常生活の中で不眠を改善するための工夫をする、サプリを使ってじっくりと不眠を解消する、などの方法があります。