【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

うつ病による不眠症は、睡眠薬では治らない?

うつ病と不眠症には密接な関係があり、うつ病の方のほとんどに不眠が見られます。

うつ病による不眠症を改善するために、睡眠薬を使うのは1つの方法ではありますが、睡眠薬でうつによる不眠を解消できるとは限らないのです。

睡眠薬を服用しても、うつ病自体は治らない?

うつ病が原因で不眠症になっている場合、睡眠薬を服用してもうつ病自体がよくなるとは限らないので、不眠が解消できないこともあります。

もちろん、睡眠薬が効果を発揮して、ぐっすり眠れるようになることもあります。しかし、根本的にうつ病が改善できなければ、不眠もなかなか改善されていかないケースもあるのです。

うつ病と不眠症の治療は、同時に行うことも

うつ病が原因で不眠が生じている場合、うつ病の治療と不眠症の治療を同時に行うこともあります。

そのため、うつ病の薬(三環系抗うつ薬やSSRI、SNRI)と睡眠薬を同時に服用するケースもあるようです。

(抗うつ薬には催眠作用があり、睡眠薬を服用しなくても眠れるようになる場合もあります。)

うつ病による不眠に悩んでいる方は、うつ病の治療と不眠症の治療を同時に考えていかないといけないのですね。

うつ病による不眠を改善するヒントに、セロトニンが

うつ病やそれに伴う不眠症が重度な場合、病院で治療を受けたほうが良いですが、自宅でも意識しておくと良いことがあります。それは、セロトニンを分泌させることです。

うつ病の方は脳内でセロトニンという物質が不足しているという研究があり、うつ病の治療薬はこのセロトニンの脳内の濃度をキープする作用のものが主流になっています。

セロトニンは幸せ物質などとも呼ばれていて、セロトニンが分泌されると前向きでやる気が出て、穏やかな気持ちになることがわかっています。セロトニンの分泌が増えるとリラックスできるようになるので、不眠も改善されていくことが考えられます。

セロトニンの分泌量を増やすには、一定のリズムの運動をしましょう

セロトニンは一定のリズムの運動を続けると、分泌量が増えることがわかっています。例えば、同じ速さでウォーキングやランニングをすることで、セロトニンが分泌されやすくなります。

また、ごはんを食べるときによく噛むことも大事です。これも、顎を一定のリズムで動かしていますよね。

このように、日常生活の中で、一定のリズムで行う運動を意識することが大切です。

朝日を浴びることも大切です

また、セロトニンを分泌させるために大切なことに、朝日を浴びることがあります。太陽の光が目に入ると、眼の奥の視交叉上核という部分が刺激され、アミノ酸の1つであるトリプトファンがセロトニンに変わります。

ですので、朝起きたらまずは朝日を浴びることが、うつ病とそれに伴う不眠を改善させることにつながります。