【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠薬の服用を、自己判断でやめるのは危険!

睡眠薬を服用するようになって、ベッドに入ってからすぐに眠れるようになると、『もう睡眠薬を飲まなくても大丈夫かな・・・』と考える人は多いと思います。そして、自己判断で睡眠薬の服用を中止してしまうと、思わぬ落とし穴には嵌ってしまうことがあります。

ここでは、睡眠薬の服用を自己判断でやめることの危険性について説明します。

睡眠薬を飲まなくなると、リバウンドが起こることがあります

睡眠薬を自己判断で急にやめると危険な理由は、リバウンドが起こる場合があるからです。リバウンドとは、睡眠薬を飲まなくなった直後に、睡眠薬の服用前よりも更に不眠が悪化する副作用を指します。

また、不眠が悪化するだけでなく、発汗、震え、落ち着かない、不安、胃の不快感などの心身の不調が生じるケースもあります。

自分の判断で睡眠薬をやめると、こうしたリバウンドをコントロールできないので、危険なわけですね。

リバウンドが生じると、余計に睡眠薬を手放せなくなりがちです

こうしたリバウンドが生じると、睡眠薬の服用を中止することが難しくなってしまいます。なぜかというと、『睡眠薬を飲むのをやめるとリバウンドが起こる⇒リバウンドが起こるのは嫌だから、睡眠薬を飲み続けるしかない』、というような一種の依存状態に陥ってしまうことがあるからです。

睡眠薬は麻薬のような依存性はないといわれていますが、このような理由で睡眠薬がなかなかやめられなくなるというケースはあるようです。

特に、作用時間が短い睡眠薬の場合、服用の中止は慎重にしましょう

睡眠薬の服用を中止することによるリバウンドですが、作用時間が短い睡眠薬ほど起こりやすいと言われています。例えば、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の中でも短時間作用型として有名なハルシオン(一般名:トリアゾラム)は、催眠効果が強い半面、リバウンドも起こりやすいとされています。

作用時間が短い睡眠薬の方がリバウンドが起こりやすいと言っても、長時間作用型の睡眠薬ではリバウンドが起こらないと言うわけではありません。どのような睡眠薬であっても、自己判断で服用をやめた場合には、リバウンドのリスクがあることに注意しておきましょう。

睡眠薬の服用を中止するときには、医師の指示に従うことが大切です

ここまで、睡眠薬の服用を自己判断で中止することのリスクを説明して来ましたが、きちんと医師の指示に従って服用を中止していけば、それほど大きな問題は起こらないと思います。

短時間作用型の睡眠薬の場合は少しずつ服用量を減らしたり、長時間作用型の睡眠薬の場合は睡眠薬を飲まない日を少しずつ増やしていくなどして、リバウンドを抑えながら睡眠薬をやめていくことが大切ですが、こうしたさじ加減はプロのお医者さんでないと難しいのです。

ですので、『もう睡眠薬をやめても大丈夫じゃないかな・・・』と思ったら、自己判断でやめるのではなく、お医者さんに相談することが肝心です。

以上、睡眠薬を自己判断でやめる場合のリスクについて説明しました。『自己判断でやめたりなんかしない』と思ってもいても、睡眠薬を飲んで眠れるようになれば、案外『飲まなくても平気かも・・・』と思ってしまうものです。

基本的には、お医者さんに指示された用量を厳守することが大切です。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。