【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

リルマザホン(リスミー)は高齢者も使いやすい睡眠薬

リルマザホン(主な商品名:リスミー)は高齢の方でも使いやすい睡眠薬の1つです。ここでは、リルマザホンの特徴や副作用について説明します。

リルマザホンの特徴とは

筋弛緩作用が弱いので、高齢者でも使いやすい

睡眠薬の副作用として起こりやすいものの1つが筋弛緩作用ですが、リルマザホンは筋弛緩作用が起こりにくくなっています。

筋弛緩作用が起こると、夜中にトイレに行く時に転んで怪我をするなどの事故が起こる場合があるので、年配の方は注意が必要になります。その点、リルマザホンは転倒などのリスクが少ない分、高齢者でも使いやすい睡眠薬と言えます。

中途覚醒にも効果が期待できる場合がある

リルマザホンは短時間作用型の睡眠薬ですが、半減期が10時間と比較的長めです。そのため、寝付きを良くするためにも使えますが、夜中や早朝に目が醒めるという中途覚醒に対しても、効果が期待できる場合があります。

リルマザホンの短所とは

持ち越し効果などの副作用の可能性がある

リルマザホンは筋弛緩作用が起こりにくいことが特徴ですが、その他の副作用は起こる可能性があります。まず、半減期が10時間あるので、翌朝にも影響が残り、目覚めの悪さや寝起きの頭重感が現れる場合があります。

また、睡眠薬の服用後の記憶が抜ける記憶障害や、睡眠薬の服用を中止した際のリバウンドにも注意が必要です。

効果が出るまでに多少時間がかかる

リルマザホンは効果がすぐに現れるタイプの睡眠薬ではありません。そのため、ベッドに入る直前ではなく、少し時間を置いて服用する方が、スムーズに入眠できるかもしれません。

以上、睡眠薬のリルマザホンの特徴や副作用について説明しました。実際に服用する際には、お医者さんのアドバイスにしたがって服用するようにしましょう。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。