【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

よく用いられる睡眠薬の一覧

ここでは、用いられることが多い睡眠薬を、効果の持続時間毎に分類しています。

  • 超短時間作用型 ⇒ 半減期が2~4時間。入眠障害に用いられる。
  • 短時間作用型 ⇒ 半減期が6~10時間。入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒に用いられる。
  • 中間作用型 ⇒ 半減時間が10~30時間、入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒に用いられる。
  • 長時間作用型 ⇒ 半減期が30時間~、不安が強い場合に用いられることがある。

一般名をクリックすると、詳細の説明をみることができます。

超短時間作用型の睡眠薬

一般名(商品名)※1半減期 ※2副作用特徴
ゾルピデム
(マイスリー)
約2時間副作用は比較的起こりにくいが、もうろう感、記憶障害など・使用頻度がトップクラス
・副作用が起こりにくい
・高齢者に向いている
・軽度の不眠症に向いている
ゾピクロン
(アモバン)
約4時間比較的少ないが、もうろう感、記憶障害など・副作用が起こりにくい
・高齢者に向いている
・軽度の不眠症に向いている
・独特の苦味がある
トリアゾラム
(ハルシオン)
約3時間筋弛緩作用(※3)、もうろう感、記憶障害など・効果が強い
・リバウンド(※4)が起こりやすい
・抗不安作用がある
ラメルテオン
(ロゼレム)
1~2時間ほとんどないと言われているが、日中の眠気、めまい、うつ病の危険性が増大するとの報告もあり・副作用、リバウンドがほとんど起こらない
・効果が穏やかなので、軽度の不眠症に向いている
・睡眠リズムを調整する働きがある
・比較的新しい睡眠薬なので、臨床研究の結果が多くはない

短時間作用型の睡眠薬

一般名(商品名)※1半減期 ※2副作用特徴
エスゾピクロン
(ルネスタ)
約6時間比較的少ないが、もうろう感、記憶障害など・ゾピクロンから単離
・ゾピクロンよりも苦味が少ない
・2012年発売開始の、新しい睡眠薬
ブロチゾラム
(レンドルミン)
約7時間健忘、ふらつきなど・翌朝への影響が比較的少ない
・効果が出るまでの時間が比較的短い
リルマザホン
(リスミー)
約10時間もうろう感、記憶障害、目覚めの悪さなどが見られることも・筋弛緩作用が弱いので、高齢者に向いている
ロルメタゼパム
(エバミール)
約10時間もうろう感、記憶障害、目覚めの悪さなどが見られることも・肝障害のある方や、代謝力の弱まっている高齢の方でも使える
・筋弛緩作用が弱いので、高齢者でも使いやすい

中間作用型の睡眠薬

一般名(商品名)※1半減期 ※2半減期 ※2特徴
フルニトラゼパム
(ロヒプノール)
7~15時間筋弛緩作用、ふらつき、目覚めの悪さなど・効果が強め
・翌朝への影響が比較的出やすい
・中途覚醒や早朝覚醒の悩みがある方に向いている

長時間作用型の睡眠薬

一般名(商品名)※1半減期 ※2副作用特徴
クアゼパム
(ドラール)
35~40時間目覚めの悪さ、日中の眠気、筋弛緩作用など・作用時間が長いので、翌日への影響が出やすい
・高齢者の服用には注意が必要
・食事の直後の服用は要注意
・抗不安作用が強い

※1 一般名は1つしかありませんが、商品名は製薬会社が独自につけた名前であり、製薬会社毎に異なった名前をつけていたりします。ここではよく用いられる商品名を記載しています。

※2 半減期とは、体内の薬の濃度が半分になるまでの時間です。睡眠薬の効果が持続する時間とイコールではありませんが、だいたいこのくらいの時間効果が持続すると考えて下さい。

※3 筋弛緩作用とは、筋肉の力が緩む作用です。これにより、ふらつきや転倒が起こりやすくなるので、特に高齢の方は注意が必要です。

※4 リバウンドとは、睡眠薬の服用をやめた時に、一時的に眠れなくなる症状のことを言います。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。