【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠の大敵、アルコール・カフェイン・タバコと上手に付き合うには

アルコール、カフェイン、タバコは睡眠と深い関係にあり、不眠の原因になり得るものです。

かといって、お酒やコーヒー、タバコを一切やめないといけないなんていう無理な話ではなりません。

睡眠に支障がない程度なら、不眠にはならないのでオッケーです。

ただし、アルコールやカフェイン、タバコをどのくらい摂取しても大丈夫なのか、就寝の何時間前までならいいのか、こうした知識をもっていないと、不眠症の原因になってしまう可能性があります。

ここで紹介する知識を参考に、不眠にならない楽しみ方を実践してみてください。

不眠とアルコールの怖い関係

お酒を飲むと眠くなるというのは誰でも知っていることですし、寝酒を嗜む人も多いです。
特に、不眠症に悩んでいる人は、アルコールをとったほうが寝付きがよくなるので、寝る前にお酒を飲むことを習慣にしている人もかなり多いんです。

確かに、『アルコール⇒眠くなる』というのは本当ですが、実はアルコールに頼った睡眠は、熟睡には程遠い眠りになってしまいます・・・。

・アルコールで眠くなる仕組み

アルコールを飲んで眠くなるというのは、麻酔と同じです。
脳の『眠りをコントロールしている部分』と『目覚めをコントロールしている部分』の働きを麻痺させているので、眠れるだけなのです。

ですから、アルコールに頼って眠った時には、夜中や朝型に目が覚めることが多いです。

実際に私も飲み過ぎて眠ったときには、夜中に目が覚めてなかなか寝付けなくなることがありますが、このような経験は多くの方にあることだと思います。

これは、夜中や早朝に麻酔が切れて、脳の働きが正常に戻ったからです。ですので、再び眠ろうとしてもなかなか眠れないわけですね・・・。

・アルコールに頼った眠りは質が悪くて浅い

そして、お酒に頼った眠りはただの脳の麻痺ですから、本来の眠りではありません。
実際にアルコールの力で眠った人は、深い眠りがあまり訪れていないことが、実験でわかっています。

ですので、寝酒は睡眠の質を下げて、眠りを浅くして、不眠症の原因となってしまうんですね・・・。

眠るためにお酒を飲んでいるのに、それが原因でよけい不眠症になってしまうという悪循環に陥っている人もいるんです。

不眠にならないためのお酒の飲み方

それでは、どうすれば睡眠の質に影響を与えないように、アルコールを楽しめるのかということです。
不眠にならないためのお酒の飲み方としては、あたりまえのことですが、お酒の量を減らすことです。

よく、少量のお酒なら睡眠に影響が出ないとも言われますが、実際には少量のお酒でも、眠りの質に影響するという研究もあるそうです。
ですので、普段飲んでいるお酒の量を、少しでも減らすことが大切です。

また、お酒を飲む時間もできるだけ就寝時間から遠ざけるべきです。
アルコールの分解に必要な時間は個人差があるのでなんとも言えませんが、できれば就寝前の3時間くらいはお酒は飲まないほうがいいかもしれません。

普段から寝酒の習慣がある人は、寝酒を我慢して、夕食の時にお酒を飲むようにするといいと思いますよ。

続きます↓↓

次のページ | 不眠の大敵、アルコール・カフェイン・タバコと上手に付き合うには