【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠薬を飲んでいると耐性がつき、服用量が増えるの?

睡眠薬を飲み始めると、初めは眠れていたのがだんたんと薬が効かなくなって、どんどん服用量が増えていってしまう・・・。

そのような睡眠薬に対する不安を持っている方は多いのではないでしょうか。

ここでは、睡眠薬を飲み続けると耐性ができてしまうのか、説明します。

最近の睡眠薬は、耐性がつきにくくなっています

過去に使われていたバルビツール酸系睡眠薬は、耐性の形成が起こりやすいと言われていましたが、現在主流の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合、耐性形成は起こりくなっています。

つまり、最初のうちは眠れていたのが、だんだんと睡眠薬の効果が効かなくなり、睡眠薬の服用量を増やしていかないと眠れない、といったことは起こりづらいのです。

人によっては、耐性が生じるケースもあります

最近の睡眠薬は耐性がつきづらいとはいえ、人によっては睡眠薬で耐性が生じる可能性があるので注意が必要です。例えば、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のゾルピデム(商品名:マイスリー)では、耐性形成が見られたという報告もあります。

ただし、多くの場合、耐性がつくのは長期間服用している場合です。ですので、睡眠薬の長期間の服用には注意が必要になります。

睡眠薬の服用量が増えていってしまうこともあります

何らかのきっかけにより不眠症の症状が悪化してしまった場合、これまでと同じ量の睡眠薬を服用しても眠れずに、服用量を増やさないと効かなくなるような事も有り得ます。

ただし、それは睡眠薬により耐性形成が起こり、効き目が弱くなっているためではなく、あくまで不眠症の症状が悪化していることが理由かもしれません。こうしたケースでは、睡眠薬に耐性ができてしまい、効き目が弱まっていると勘違いしてしまうことがあるので注意が必要です。

ですので、もし最近睡眠薬が効きづらくなっていると感じたら、お医者さんに相談して、薬を変えてもらったり、治療の方法を考えてもらうことが大切です。