【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠薬を飲むと、依存してしまいやめられなくなるの?

睡眠薬にはタバコのような依存性があり、一度服用するとやめられなくなるのではいかと考えている人は多いかもしれません。では、実際に睡眠薬の依存性はどの程度なのでしょうか。

睡眠薬には依存性はほとんどありません

かつて使われていたバルビツール酸系睡眠薬は依存性が高い睡眠薬でしたが、現在使われているベンゾジアゼピン系睡眠薬および非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合、依存性はほとんどありません。

タバコを吸っていないとイライライするのは、ニコチンに依存性があるからですが、睡眠薬の場合はタバコのような依存性はほとんどないのです。

ただし、精神的に依存してしまうことはあります

睡眠薬には、麻薬やタバコのような依存性はありませんが、精神的に睡眠薬に依存してしまうケースはあります。不眠症の場合、睡眠薬を飲まないと眠れず、睡眠薬を飲まずにはいられないといった依存が起こる場合があるのですね。

こうした精神的な依存は、眠れない時だけ睡眠薬を使う、不安が強いときだけ睡眠薬を使う、というような使い方をしていると、起こりやすいと考えられます。睡眠薬を服用するときには、医師の指示にしたがって、毎日きちんと服用することで、依存も形成しにくくなります。

服用をやめたときのリバウンドで、結果的に依存してしまうことも

睡眠薬の服用を急にやめると、リバウンドが起こり、一時的に服用前よりも眠れなくなることがあります。また、離脱症状により、落ち着かない、消化不良、動悸などの様々な症状が出ることがあります。

こうしたリバウンドの症状が出ると、それが怖くなり睡眠薬を再び使うようになり、睡眠薬への依存性が高まることがあります。

このように、睡眠薬には化学的な依存性はほとんどありませんが、精神的に依存してしまうケースはあり得ます。

睡眠薬をやめるのは難しい?

睡眠薬を一度服用すると、なかなかやめられないものなのでしょうか。先ほど述べたとおり、睡眠薬の服用をやめると、不眠がよりひどくなったり、さまざまな不調が現れる場合があります。

ですが、医師の指導のもと正しい辞め方をすれば、リバウンドや離脱症状をできるだけ抑えながら、睡眠薬を手放すことが可能です。睡眠薬の服用を辞める方法は、睡眠薬の種類によって異なるのですが、少しずつ服用量を減らしていったり、服用する日を1日おきに減らしていったりといった方法があります。

大切なのは、自分の判断で服用を中止するのではなく、医師の指示をちゃんと聞いて、焦らずに断薬を進めていくことです。

以上、睡眠薬を飲むと依存したり、やめられなくなるのか、ということについて説明しました。睡眠薬の依存性や、やめられなくなるといったことは心配し過ぎることはないとは思いますが、それもお医者さんの指示にきちんと従うということが前提になります。