【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠薬を服用する基準は、どの程度の症状?

睡眠に対する悩みがある方は、睡眠薬の服用を考える場合もあると思います。

ですが、「睡眠薬を飲むほどのことなのかな・・・」、「どの程度の不眠の症状なら、睡眠薬を使うべきなんだろう・・・」と、睡眠薬を服用する基準はなかなかわからないと思います。

ここでは、睡眠薬を服用する基準を考えてみます。

睡眠薬を服用する3つの基準

基準1:睡眠障害により、日中の活動に影響が出ている

不眠症の定義はいろいろとあるのですが、「病気や薬以外の原因で起こる不眠が1ヶ月以上続き、日中の活動に支障が出る」というものや、「睡眠の質、量が不足し、社会生活に支障をきたし、自分でも悩んでいる」(厚生労働省)があります。

どちらにも共通しているところが、「日中の生活に支障が出る」というところですね。

寝付くのに時間がかかったり、夜中や早朝に何度か目を覚ましたりしていても、日中にあまり眠気を感じずに、普通に生活ができているのであれば、睡眠薬を服用するほと重症ではないと言えるのかもしれませんね。

基準2:睡眠障害の症状が1ヶ月以上続いている

何らかのストレスやショック、不安があったり、生活習慣の乱れが原因で、一時的に不眠などの睡眠障害が現れるケースがあります。ただし、一時的な睡眠の場合は、時間が経てば自然と眠れるようになることもあります。

ですので、睡眠の悩みが1ヶ月以上続いている場合は、睡眠薬の服用を考えてもよいかもしれません。

基準3:生活習慣を見直しても、睡眠の悩みが解消しない

生活習慣に問題があり、不眠症などの睡眠障害が現れる場合があります。ですので、睡眠の悩みがある場合は、まずは生活習慣を見直すことが大切です。

  • 朝起きた時に朝日を浴びる
  • 休日と平日の起床時間の差をできるだけ縮める(大きくても2時間以内)
  • 寝る前にベッドでスマホを使わない
  • 夕食に脂っこいものを食べたり、寝る前に間食をしない
  • 寝酒をしている

以上のような生活習慣を見直してみて、それでも不眠が改善されない場合は、睡眠薬の服用を考えても良いと思います。

大切なことは、睡眠の悩みを我慢しすぎないこと

ここでは睡眠薬を服用するべき基準を3つ挙げてみました。ですが、ここで挙げた基準に当てはまらないからといって、睡眠に対する悩みを我慢してしまうことはよくありません。

客観的に不眠の症状がそれほど重大ではないとしても、自分にとって大きな悩みである場合には、改善するための手段はいろいろと試してみるべきです。

ですので、ここで挙げた基準はあくまでも参考として、自分が睡眠をなんとかして生活の質を高めたいと考える場合には、睡眠薬の服用を検討してみるとよいかと思います。