【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

効果が弱く、副作用が少ない安全な睡眠薬を知りたい

「不眠症を何とかしたいけれど睡眠薬は怖いから、せめて弱くて安全な睡眠薬が使いたい・・・」

そんな方に、効果と副作用が弱くて、比較的安全な睡眠薬はあるのか、説明します。

催眠効果・副作用が弱めの睡眠薬

現在使用されている睡眠薬には、ベンゾジアゼピン系睡眠薬、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン受容体作動薬があります。この中では、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と、メラトニン受容体作動薬は、効果・副作用ともに弱めの睡眠薬になっています。

使用頻度が高い非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、現在処方される頻度が高い睡眠薬です。従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも副作用を抑えていることが特徴で、より安全性を高めた睡眠薬といえます。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬には、ゾルピデム(商品名:マイスリー)、ゾピクロン(商品名:アモバン)エスゾピクロン(商品名:ルネスタ)などがあり、これらは効果がマイルドなので、軽度の不眠症に使われることが多く、副作用もそれほど起こらないとされています。

とはいえ、もうろう感や記憶障害などが起こる場合があるので、注意が必要です。

より安全性を高めたメラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬には、武田薬品工業が取り扱っているラメルテオンがあります。メラトニンとは眠気をコントロールしている物質で、脳内のメラトニンの濃度が増加すると眠気を催し、メラトニン濃度が減少すると覚醒する仕組みになっているように、睡眠と深い関係があります。

海外ではメラトニンがサプリとして販売していて、不眠に悩む場合や、時差ボケ対策として服用されています。日本ではメラトニンがサプリとしては販売していませんが、メラトニン受容体作動薬として処方してもらうことができます。

ラメルテオンの特徴は、睡眠薬に起こりがちな筋弛緩作用、記憶障害、睡眠薬を断薬後のリバウンドなどの副作用がほとんど起こらないとされていることです。その分、効果も弱めなので、深刻な不眠には効果を感じられない場合もあります。

ただし、比較的起こりやすい副作用として、めまいやうつ病の悪化などの報告があるので、注意が必要です。

睡眠薬には、少なからずリスクがあります

当たり前のことですが、効果が比較的弱めの睡眠薬と言っても、薬なので副作用のリスクはあります。ですので睡眠薬を服用する際には、医師の指示にしたがって、服用方法をきちんと守ることが、リスクを回避する確率を上げる方法になります。

なお、睡眠薬の副作用が気になって服用したくないという方は、まずはサプリを試してみることも1つです。より安全な方法を試してみて、効果を感じられなければ、睡眠薬の服用を考えると良いと思います。