【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

不眠で悩む子どもに、睡眠薬を服用させても良いの?

幼児や小学生の子どもで、寝付けない、夜中に目を覚ますといった不眠の症状が見られる場合、睡眠薬を服用させても大丈夫なのか、気になったことがあるかもしれません。

ですが、基本的に、子どもに睡眠薬を服用させることはNGです。

子どもに睡眠薬を服用させると、副作用が心配です

睡眠薬には、どんな種類ものであっても、少なからず副作用のリスクがあります。睡眠薬を服用後の記憶がなくなったり、翌日にも睡眠薬の効果が残り、だるさやめまい、吐き気などが現れることもあります。

また、まだ体の代謝機能が成熟していない子どもの場合、睡眠薬が体に残りやすく、睡眠薬の影響が長く続きやすくなることも考えられます。

仮に副作用が起こらないとしても、子どもにとって睡眠というのは心身の成長に非常に重要なものです。それが睡眠薬によって自然な睡眠がとれないと、健全な発育に何かしらの影響が起こることも考えられます。

基本的に、病院では特に深刻な理由がない限り、子どもに睡眠薬は処方されないはずです。ただし、何かしらの病気や、検査のために睡眠薬を処方するケースもありますが、それは特別なケースです。

子どもには市販の睡眠改善薬もNGです

ドラッグストアなどには、ドリエルなどの睡眠薬を購入できます。ですが、こうした睡眠薬も、子どもには服用してはいけません。実際にドリエルの注意書きには、服用は15歳以上とされています。

ただし、漢方などが主成分で、子どもの服用できるものもあるかもしれません。そうした場合でも、薬剤師さんと相談した上で服用を決めた方が良いと思います。

子どもの睡眠の悩みには、生活習慣の改善から

子どもが眠れないといった悩みを持っている場合、睡眠薬や睡眠改善薬などの薬の服用を考えるよりも先に、生活習慣を見直すことが大切です。子どもが眠れない場合、起床時間や就寝時刻が乱れていることが考えられます。

休日もなるべく早起きさせてみましょう

休日に遅くまで寝かせすぎていると、睡眠リズムが乱れて、夜寝付けなくなることがあります。休日と平日の起床時間は、できれば1~2時間以内に留めることが大切です。

昼寝をさせすぎないようにしましょう

子どもの昼寝の時間が長いと、睡眠に悪影響があるという研究があります。休みの日などに昼寝をするときも、できれば30分程度に留めた方が良いと思います。

子どもに飲ませることができるサプリもあります

生活習慣を改善しても不眠などが改善しない場合、サプリを飲むことも1つです。サプリによって、子どもに飲ませないほうが良いと注意書きがあるものもあるので、きちんと確認しましょう。

ここでは、子どもの不眠に薬を使えるのか、説明しました。子どもが不眠を訴えていて、それが長く続く場合、もしかしたら何かしらの病気が潜んでいることも考えられます。一度病院で診てもらうことも大切です。