【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

暗記をするなら、寝る直前が効率的!

記憶と睡眠には深い関係があり、睡眠を上手に活用することで、効率的に覚えたいことを記憶することができます。資格試験の勉強や受験勉強など、多くのことを暗記したい場合は、睡眠を上手く利用すると良いですよ。

暗記したいことは、寝る前に勉強するのが効果的!

暗記したいことがある場合、寝る前に勉強すると効率的に記憶することができます。

実際に記憶力と睡眠の関係をしらべた研究があるのですが、寝る前に英単語などを勉強すると、起きた時に記憶力が向上していることがわかっています。

睡眠には起きている時に脳に取り入れた膨大な情報を整理するという役割もあるので、睡眠によって記憶が定着する作用があるのかもしれませんね。

ですので、資格試験の勉強や受験勉強をする場合、暗記が必要な部分はあえて寝る前に行うと効率的です。例えば英語を勉強する場合、リスニングや長文読解などは日中に行い、寝る前に単語や熟語を暗記する時間をとるというスケジュールを組むと、効果的に勉強ができますよ。

徹夜は非常に効率の悪い勉強法です

睡眠には記憶を定着させるという役割があるので、睡眠をおそろかにすると暗記したいこともなかなか覚えられません。

試験前には徹夜をするという人がいますが、じつはこれはとても効率が悪い方法なんですね。やるのであれば、短期的に暗記したいことを詰め込んだ上で、3~4時間は眠る方が、より多くのことを暗記できると思いますよ。

同じように、睡眠時間を削って勉強をしている場合も、暗記効率が悪くなっています。勉強した後にはきちんと睡眠をとるほうが、結果としてはより多くのことを覚えられるので、効率はいいはずです。

ですので、勉強のために無理に睡眠を削り過ぎるのはなるべくやめましょう。