【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

寝返りが多いのは、熟睡できていない証拠!?

寝返りを沢山打っていると、熟睡できていないというイメージがあるかもしれません。ですが、睡眠中に寝返りを打つことは、熟睡のためには必要なことです。

個人差はありますが、一晩のうちに20~30回、多い人はそれ以上の寝返りを打っています。ですので、寝返りが多いからといって、眠りが浅くて熟睡できていないというわけではないのですね。

ただし、寝返りが多すぎたり、寝返りのたびに目が醒めてしまうというのでは問題です。ここでは、寝返りから考える、熟睡の方法を紹介します。

寝返りが必要な理由① 体の不具合を取り除く

そもそも寝返りはどのような意味があるのでしょうか。1つ目の意味としては、寝返りをとらないと体に様々な不具合が生じてしまうからです。

寝返りをしないと血液がうまく循環しません

例えば、病気や障害で自分で寝返りが打てない人は、同じ体制で寝ていると『床ずれ』を起こすと言いますよね。これは、常に体の同じ部分が圧迫されることで、血液が循環しなくなり、圧迫された部分が壊死してしまうことです。

ですので、自分で寝返りができない人は、人に寝返りさせて貰う必要があるわけですね。

汗を蒸発させたり、体の歪みを治すという意味もあります

また、血液の循環が悪くなるという他にも、発汗の問題もあります。適度に寝返りを打って態勢を変えないと、同じ部分に汗をたくさんかきますよね。これにより、熟睡が妨げられてしまいます。

その他、適度な寝返りは体の歪みを整えるという効果もあります。

このように、しっかりと寝返りを打つことは、体の不具合を取り除い、熟睡するために非常に重要なことなのです。

寝返りによって、眠りの深さを切り替えている

また、寝返りは眠りの深さを切り替えるスイッチになっているとも言われています。

脳も体も休息している状態のノンレム睡眠には、眠りの深さによって4つの段階に分けられます。浅い眠りの第一段階と第二段階、そして深い眠りの第三段階、第四段階とあるわけです。

このノンレム睡眠の第三段階、第四段階は、脳や体の疲れを回復する上で、非常に大切な睡眠になります。

寝返りは睡眠の深さを切り替えるスイッチ

そして、寝返りはこの睡眠の深度を切り替えるスイッチになっていると言われています。例えば、ノンレム睡眠の第二段階から第三段階に移るときには寝返りが必要なのですね。

ですので、寝返りがスムーズに取れないと、深い眠りにもスムーズに移れずに、熟睡しにくくなる可能性があります。

このように、寝返りは熟睡のためには非常に重要なことです。

次に、寝返りによって睡眠を妨げられたり、寝返りが多すぎる場合に、熟睡するためのコツを紹介します。

続きます↓↓

次のページ | 寝返りから、熟睡できていない合図を読み取ろう