【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

寝苦しい夜は、体を冷やして熟睡しよう!

夏はともかく暑くて寝苦しい季節ですよね。熱帯夜なんかはなかなか寝付けませんし、寝れても何度か目を醒ますことも多いと思います。

そんな暑苦しい夜には、体を冷やすことでぐっすりと熟睡しましょう。ここでは、夏の暑苦しい夜に、体を冷やすためのちょっとした工夫を紹介します。

体を冷やしたければ、頭と首を冷やすべし

暑苦しい夜に体を冷やすためには、体のどの部分を冷やせば良いのでしょうか。

効率的に体を冷やせる部分の1つは、『頭と首』です。

頭を冷やすと眠りが深くなるという実験結果もあるので、頭を冷やすことはオススメです。また、首にはたくさんの血管が集まっているので、首を冷やすことで冷えた血液が体中に巡り、効率的に体を冷やすことが可能です。

それでは、頭と首を冷やすにはどうすればよいのでしょうか。

氷枕を使おう!

薬局やネット通販などで、氷枕は色々と販売されています。有名なものだとアイスノンというものもありますね。

こうした氷枕は、頭や首を冷やすことができるので、寝心地がよくなると思います。ただし、氷枕を使って一晩中眠るよりも、ある程度の時間氷枕を使って、体が冷えてきたら氷枕は使わずに普通の枕で眠ることをお勧めします。氷枕は体を冷やすのには良いアイテムですが、枕代わりに使うのはあまりよくありません。

頭部が冷える枕を使おう!

氷枕とは違い、頭が涼しくなるような設計の枕も販売されています。

熱帯夜には手足を冷やすことも効果的!

暑苦しい夜に体温を下げるためには、手足を冷やすことも効果的です。手足の血液が冷やされると、冷やされた血液が体中に巡るので、体全体がヒンヤリとしやすくなりますよ。

冷感ジェルシートを使おう

手足を冷やすためには、冷感ジェルシートを使うことも効果的です。冷感シートや冷感パッドなどは色々とありますが、私のオススメは、小さめのシートを足だけに使うことです。

こうした冷感シートは、シーツの上に敷いたりすると、体が冷えすぎるような場合もあります。そこで、小さめのシートを足だけに使って、ある程度足が冷えたら取り去る方法がおすすめです。もちろん、冷感シートなどを使わなくても、凍らせたタオルを手足の下に敷くという方法もありですよ。

以上、暑くて寝苦しい夜に、体を冷やす工夫を紹介しました。暑くて睡眠の質が下がってしまうのはとてももったいないことです。体を冷やす工夫をして、熟睡できると良いですね。