【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

鼻づまりで眠れないので、鼻づまり解消法を試してみたところ・・・

私はアレルギー性鼻炎持ちなので、よく鼻づまりに苦しめられています。特に、花粉症の時期は鼻づまりが原因で眠れなくなるので、とても辛い思いをしています。

そんな私は、これまでに鼻づまりを解消する方法を色々と試してきました。ここでは、私が試した鼻づまり解消法について、効果あったのか、なかったのか、紹介します。鼻づまりで眠れない方には参考になると思います。

鼻づまり解消法① 息を止めて頭を上下する

鼻づまりを解消する方法として、こんな方法がありました。

  • 1.大きく息を吸う
  • 2.息を吐ききる
  • 3.息を止めた状態で鼻をつまむ
  • 4.上を見て、下を見て、と繰り返す

これで鼻づまりが緩和されるそうです。

実際にやってみると、心なしか鼻づまりがちょっとだけ解消されたような気もします。でも、それも一瞬ですし、鼻づまりで眠れないことにはなんら変わりはありません。軽度の鼻づまりの方は効くかもしれませんね。

鼻づまり解消法② ワキにペットボトルを挟む

以前テレビでやっていたのですが、ワキにペットボトルを挟むと鼻づまりが解消されるそうです。右の鼻が詰まっているのなら左のワキに、左の鼻が詰まっているのなら右のワキに、500mlのペットボトルを挟むと良いようです。

実際にやってみたのですが、これも本当にわずかに鼻が通るようになったような気もします。とは言え、これも眠れないほどの鼻づまりを解消するにはなんの効果もありませんでした。

鼻づまり解消法③ ブリーズライト

ドイツ生まれの鼻づまり解消アイテムのブリーズライトです。シールを鼻に貼るだけで鼻づまりが解消するという、かなり便利なグッズですね。

ブリーズライトは、わたしはこれまでによく使っていて、鼻づまりがだいぶ和らいでいました。ただ、これは鼻づまりがあまりにひどいときにはほとんど意味をなしませんでした。多少鼻が詰まっている時であれば効果的なのですが、重度の鼻づまりには効果がないのかもしれません。

鼻づまり解消法④ メントール

メントール配合の塗り薬を鼻の下に塗ると、鼻づまりが解消出来ます。メンソレータムとか、メンタームとかが良いですね。

ただし、これもブリーズライトと同じく、重度の鼻づまりを解消することができませんでした。軽度の鼻づまりの時にはだいぶ役に立ちます。

鼻づまり解消法⑤ 加湿器を使う

鼻が詰まっている時には、加湿器を使って湿度を高めると良いようです。実際に私も寝る前に加湿器をつけていますが、だいぶ役に立っています。

これは鼻づまり自体が解消されると言うよりも、鼻が詰まっている状態で眠ると喉が痛くなりますが、その喉の痛みを緩和してくれることに意味があります。

私は何度も、鼻づまりと喉の痛みと乾きで夜中に目を覚ましたという経験をしています。ですが、加湿器を使うと夜中に目を覚ました時の不快感がだいぶ緩和されるので、加湿器は必須アイテムです。

鼻づまり解消法⑥ 点鼻薬ナザールAR

私が鼻づまりの解消効果を最も実感できたのは、点鼻薬の『ナザールAR』です。

耳鼻科で処方してもらうこともできると思いますが、私は薬剤師に相談した上で薬局で購入しました。ステロイドを使っているので1ヶ月以上使ってはいけないとのことなのですが、そのような制限がある分、鼻づまりの解消効果はかなり大きかったです。

寝る前にナザールARを使うと、全く鼻呼吸ができないほどの鼻づまりが、片方の鼻はなんとか鼻呼吸ができるくらいまで回復出来ました。そして、その鼻の状態が朝まで続くので、鼻づまりで夜中に何度も目を覚ますという悩みもある程度は解消されて、だいぶよく眠れるようになりました。

他の点鼻薬の場合は・・・

ちなみに、私はこれまでに色々な種類の点鼻薬を試したことがあります。

ですが、使ったときは鼻づまりが解消されても、効果がきれると使用前よりも鼻が詰まるものや、長く使っていると鼻血が出たりして、実際に役に立ったものはありませんでした。

そんな中、ナザールARは鼻づまりの解消効果が持続されて、鼻血が出るといったこともなかったので、とても重宝しています。

以上、鼻づまりで眠れない私が試してきた、鼻づまり解消法を紹介しました。ナザールAR以外はそれほど効果がなかったと書いていますが、ナザールARを使用して鼻づまりが多少緩和されている状態であれば、効果があると思います。

鼻づまりで満足の良い眠りを取れない方は、ここで紹介した方法を試してみて下さい。