【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

冬に快眠するための、室温・湿度のコントロール術

寒い冬の夜は、布団に入っても暖かくなるまでが辛い時間ですよね。

そこでエアコンを使うなどして、部屋を暖かくして眠る方もいると思います。ですが、エアコンの使い方も、気をつけないと睡眠に悪影響を及ぼす場合もあります。

ここで紹介する室温・湿度のコントロール法を実践してもらい、寒い冬でもしっかりと熟睡しましょう。

冬に快眠しやすい温度はどのくらい?

快適な室温は15~20℃

冬に快眠しやすい温度は、だいたい15~20℃と言われています。そんなに低いの?と思われたかもしれませんが、睡眠中はこのくらいがベストです。

あまりきっちりと守る必要はありませんが、エアコンを使うときには、だいたいこのくらいの温度を目安にすると良いですね。

ただし、エアコンはタイマー機能を使うこと!

エアコンを使うときには、タイマー機能を使って、1時間くらいで切れるようにしておくことが大切です。長い時間エアコンをつけていると体に悪いだけでなく、睡眠にも悪影響を与えます。睡眠中には体温が下がることが大切なので、いつまでも部屋を暖かくしておく必要はないわけです。

一番良いのは、エアコンは寝る前に使うこと!

実は、エアコンはタイマー機能を使うよりも、より良い使い方があります。それは、寝る前にエアコンで部屋を暖めておいて、寝るときにはエアコンを切ることです。

寝る前にエアコンを入れておくと、部屋だけでなく寝具も暖められるのでお勧めですよ。

冬に快眠しやすい湿度はどのくらい?

冬に快眠しやすい湿度は、50~60%だと言われています。冬は乾燥しやすいので、加湿器をうまく使って、このくらいの湿度に調整すると良いですね。

もちろん、加湿器もタイマー機能を使って置かないと、湿度がどんどん上がってしまうので注意が必要です。

また、寝るときにエアコンをつけている方は、加湿器は必需品です。エアコンだけだとかなり部屋の湿度が下がってしまい、熟睡しにくくなるだけでなく、風邪も引きやすくなるので注意しましょう。

ここでは、冬に快眠しやすい、快適な室温・湿度について説明しました。室温や湿度のような細かいことまで気にする方はあまりいないと思いますが、不眠の方はこうしたところもこだわって、快眠できるようになりましょう。