【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

子供は悪夢を見やすい!?幼児に起こりやすい睡眠障害

3歳~6歳くらいの幼児期の子供は、悪夢を見るなどいくつかの睡眠障害が起こりやすくなるものです。とはいえ、子供の頃の睡眠障害はそれほど心配することがない場合がほとんどです。

ここでは、幼児期の子供に生じやすい睡眠障害について説明します。

小さい子供は悪夢で目を覚ましやすい

大人が悪夢を見ることはめったにないことですが、子供は比較的悪夢を見ることが多いです。

それは、子供は主に夢を見やすいレム睡眠の時間が多いことが1つの理由です。

レム睡眠は脳の発達に重要な役割を果たしていると言われており、子供の頃はレム睡眠の割合が多くなっています。レム睡眠は朝型に増えるので、悪夢を見るのは朝型のことの方が多くなります。

子供は怖い体験がもとで、悪夢をみやすくなります

また、子供はテレビで怖いシーンを見たり、日常で何かショックな経験があった時に、恐怖を感じやすいことも悪夢を見る原因なのかもしれません。

大人であればそうした経験は慣れているのでなんとも思わなくても、子供の頃はショックに感じることです。

テレビでホラーシーンなんてあったら、軽いトラウマになりますからね^^;

子供が悪夢で怖がるときには、安心させてあげましょう

もし子供が悪夢にうなされて目を覚ましたときは、どんな怖い夢をみたのか、話を聞いてあげることが大切です。また、悪夢を見る回数が多い場合も、何か怖い体験をしていないか、話を聞きましょう。

恐怖というのは話をするとだいぶ和らぐものなので、そうやって子供を安心させてあげましょう。

幼児期の子供は悪夢を見る回数が多いものですので、悪夢を見ること自体をそれほど心配することはありません。

ただし、あまりに悪夢を見る回数が多いとか、それがトラウマになるような場合は、なにか精神的に問題を生じている可能性があるので、病院で相談することも必要です。

子供は夜中に急に叫び声を上げます~夜驚症について~

また、幼児に起こりやすい睡眠障害に夜驚症があります。これは眠っているときに急に叫び声を上げたり、ベッドから起き上がったりするものです。

実はこの夜驚症は子供の3%ほどが経験すると言われているので、それほど珍しい症状でもありません。

夜驚症のときには、声をかけないでオッケー!

夜驚症は深い眠りのノンレム睡眠の時に起こります。この時、子供は熟睡しているので、意識はありません。ですので、叫び声に驚いても、子供に声をかけたりする必要はありません。

夜驚症はなにか体や心に問題があるわけではないので、夜驚症の症状が見られても何の心配もありません。数ヶ月程度で症状がなくなることも多いので、気にせずに見守っていましょう。

夜中にふらふらと歩き出す、夢遊病が見られることも

夢遊病とは熟睡中に突然起き上がり、まるで目が覚めたかのように歩きまわったりする症状です。

特に子供の頃には生じることが多いのですが、特に心配するものではありません。

夢遊病の時には、目を開けていても脳は熟睡しているので、子供に話しかけても聞こえていない場合が多いです。ですので、特に何もせずに見守っているだけで大丈夫です。

ただし、歩き回っているとけがをすることもあるので、そこだけは注意して見ておきましょう。

以上、幼児に起こりやすい睡眠障害を紹介しました。

ここで紹介した悪夢、夜驚症、夢遊病は子供に見られてもそれほど心配することではないので、気楽に見守ってあげましょう。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。