【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

いびきをかくのは、枕が合っていないせいかも!?

『家族からいびきがひどいと指摘された・・・』

『夫(妻)のいびきがうるさくて眠れない・・・』

このようないびきで悩まされている方はとても多く、国内では2000万人ほどの人が、程度の差はあれいびきをかいている可能性があるようです。

そして、そのいびきの原因の1つに、枕が合わないことがあります。

いびきをよくかいている人は、一緒に寝ている家族の睡眠を妨げているだけでなく、本人も熟睡できていないこともあります。また、睡眠時無呼吸症候群という危険な睡眠障害を発症している可能性もあります。

いびきの悩みがある方は、一度枕を見直すことをおすすめします。

枕が合わないといびきをかきやすいのはなぜ??

いびきをかく主な原因としては、肥満などにより喉に脂肪がついていたり、顎の骨格の関係で空気の通り道である気道が狭くなっていることがあります。空気が狭い気道を通るときの摩擦音がいびきとなるわけです。

そして、気道の広さは、首の角度によっても変わってきます。寝ている時の首の角度が不自然だと、気道が狭くなって、いびきをかきやすくなるのですね。

少しの枕の高さの違いで、いびきをかきやすくなる

就寝中の首の角度を決めているのは、もちろん枕です。

よく、高い枕だといびきをかきやすいということが言われます。これは枕が高いせいで首が窮屈になり、気道が狭くなることで、いびきをかきやすくなるからです。

では、いびきをかきやすい人は低めの枕で寝たほうが良いかというと、そうとも言えません。高すぎる枕はいびきをかきやすくなりますが、同様に低すぎる枕でも、いびきをかきやすくなると言われています。

つまり、枕は最適な高さに調整しないといけないわけですね。

横向きに寝るといびきをかかないと言われますが・・・

よく、横向きで眠るといびきをかきづらいといいますよね。実際に横向きで寝たほうが気道が広がるので、いびきはかきづらくなります。

ですが、睡眠中ずっと横向きで眠っているわけではありませんよね。初めは横向きで眠ったとしても、睡眠中に仰向けになったり、うつ伏せになったりと何度も態勢を変えるはずです。

ですので、やはり仰向けで眠っている時にもいびきをかかないように、枕の高さをきちんと調整することが大切です。

ここでは、枕といびきの関係を説明しました。

いびき対策としてできることはいくつかありますが、一番手っ取り早いのが枕の高さ調節だと思います。それだけで、いびきが大幅に改善される可能性もあるので、まずは枕から見直してみましょう。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。