【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

枕診断~あなたの枕は合っている!?~

枕は良い睡眠を取る上で非常に重要です。

枕が合っていないことが不眠症の原因になることもあれば、いびき、肩こり、頭痛、腰痛などを引き起こすこともあります。

とは言え、あなたが今使っている枕が合っているのかどうか、自分ではなかなかわからないものですよね。

そこでここでは、あなたの枕が合っているかどうかを診断するための、テストを用意しました。

いくつ当てはまる?枕診断テスト

  • 夜中や朝に目を覚ますと、頭の下に枕がないことが多い
  • 夜中や朝に目を覚ますと、腕枕をしていることが多い
  • 朝起きた時に、枕の形が大きく変形している
  • 寝返りを打つときに、肩か腰を持ち上げるようにしている
  • 寝起きに頭痛、首痛、肩こり、腰痛、腕のしびれがあり、時間が経つと痛みがなくなってくる
  • 寝違えることが頻繁にある

1つも当てはまらない人 ⇒ 枕に大きな問題はなさそうです。

1つ以上当てはまる人 ⇒ 枕が合っていない可能性があります。枕を買い換えたり、高さの調整を行いましょう。

枕診断テストの解説

  • 夜中や朝に目を覚ますと、頭の下に枕がないことが多い

枕が合っていないと、無意識のうちに枕を使わないで寝るようになります。その結果、枕がベッドの下に落ちていたり、布団から離れたところにあったりします。

  • 夜中や朝に目を覚ますと、腕枕をしていることが多い

枕が合っていないと、無意識のうちに枕を使わずに、腕枕をして寝ていることがあります。朝起きると腕がしびれる方は、腕枕をして無理な体制で寝ている可能性があります。

  • 朝起きた時に、枕の形が大きく変形している

朝起きた時に、頭を載せていた部分が大きく凹んでいるなど、枕の形が大きく変形するような枕は、あまり良い枕とは言えません。そのような枕では、スムーズに寝返りができていない可能性があります。また、枕が合わないため、無意識のうちに枕の中の素材を真ん中に寄せたり、両側に寄せたりしていて、枕の形が変形していることもあります。

  • 寝返りを打つときに、肩か腰を持ち上げるようにしている

自分に合った枕を使っていれば、寝返りはスムーズに、転がるように打てるはずです。しかし枕があっていない場合、寝返りが打ちにくいため、肩を持ち上げてから体の向きを変えたり、腰を浮かせてから体の向きを変えるなど、不自然な寝返りの仕方をしています。

  • 寝起きに頭痛、首痛、肩こり、腰痛、腕のしびれがあり、時間が経つと痛みがなくなってくる

枕があっていないと、首の神経が圧迫されて、頭痛、肩こり、腰痛、腕のしびれなどの症状が現れやすくなります。特に、朝起きた時には痛みが強くて、時間が経つに連れて痛みが引いてくる場合は、寝ている時の姿勢が原因である可能性が高いです。

  • 寝違えることが頻繁にある

たまに寝違えることは誰にでもあることですが、寝違える回数が多い場合は、枕に原因があるかもしれません。枕が合わないため、横向きやうつ伏せで寝ている時に無理な体制になり、首に負担がかかっている可能性があります。

枕診断はどうだったでしょうか。1つでも当てはまるものがあれば、ぜひ枕を見直してみましょう。それだけで睡眠中の悩みが解決したり、ぐっすりと熟睡できる可能性がありますよ。