【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠中の歯ぎしりの原因と改善方法を教えます

睡眠中の歯ぎしりには、良い影響と悪い影響があります。

一般的に、強く歯ぎしりをし過ぎている場合には、歯や歯茎、顎などに負担がかかり、体の至る所に影響が出やすくなります。

一方で、軽い歯ぎしりは、逆流性食道炎を防いだり、ストレスの解消に役だっているので、むしろ歓迎すべきですね。

では、もしあなたが歯ぎしりをしている場合、それを改善したほうが良いのかどうか、どう判断すればよいのでしょうか。

歯ぎしりを改善したほうが良い目安とは

簡単な目安として、

  • 朝起きた時に歯や顎が痛かったり、顎が疲れていることが多い
  • 歯がかけたり、磨り減ったりしている
  • 起きている時に、無意識に歯を強く噛み締めていることがある

これらに当てはまる場合は、強く歯ぎしりをしているので、改善したほうがいいと思います。
では、歯ぎしりを改善するにあたって、どうして寝ている時に歯ぎしりをするのかを説明します。

歯ぎしりの原因は様々だけど、肝心なところは・・・

歯ぎしりの原因としては、様々なものが挙げられています。

ストレスにより、歯ぎしりをしやすくなる

よく言われるものとしては、ストレスがあります。起きている時にも、不安や怒りを感じていると、無意識に歯ぎしりをしていることがありますよね。寝ている時も同じで、何らかのストレスが原因で強く歯ぎしりしてしまうのではないかと考えられてるのですね。

お酒やタバコが原因になっている

また、アルコールやタバコのニコチン、コーヒーなどに含まれるカフェインが、歯ぎしりの原因になっているとも言われています。はっきりと因果関係はわかっていませんが、歯ぎしりがひどい人は、お酒やタバコは控えてみたほうがいいですね。

薬が原因になっている

薬の副作用として、歯ぎしりが起こっているという指摘もあります。

例えば、うつ病の治療薬であるSSRIは、歯ぎしりを悪化させる場合があるようです。

このように、歯ぎしりの原因としては様々なものが考えられています。

ですが、未だにはっきりとしたメカニズムはわかっていないのが現状です。

歯ぎしりを解消するにはどうしたらいい?

歯ぎしりのはっきりとした原因はわかっていないので、歯ぎしりの治療法としては、効果があると考えられている方法をいくつか試してみる必要があります。

ここでは、歯ぎしり対策としてやって見る価値のある方法を紹介します。

就寝前にリラックスを心がける

睡眠中の歯ぎしりがストレスから生じている可能性があるので、就寝前にできるだけストレスを減らすことが大切です。就寝前には自分の好きなことをする時間を作ったり、ストレッチをすることも効果的です。

また、ベッドの中でストレスを解消するテクニックもあるので、実践してみて下さい。

自律訓練法をマスターして深い眠りを得る

お酒、タバコはなるべく控える

アルコールやニコチンが歯ぎしりの原因となっていることも考えられるので、お酒やタバコが好きな人は、できるだけ量を控えるように気をつけてみましょう。

それだけで、歯ぎしりが減る可能性があります。

マウスピースや歯の矯正を行う

マウスピースを装着することで、歯ぎしりをしにくくするという方法もあります。ただし、マウスピースをつけると違和感があり、それがストレスに感じることもあるので注意が必要です。専門医と相談の上で行いましょう。

また、歯並びを矯正することで、歯ぎしりが減少するケースもあります。

以上、歯ぎしりの原因と対策を紹介しました。

歯ぎしりによって体に悪い影響が起こっていたり、家族が迷惑しているという場合は、ここで紹介した方法を試してみて下さい。