【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

寝る前に体温を上げて、寝付きを良くするための3つの方法

不眠症で悩んでいる人の中には、夜中に何度も目が覚めてしまうとか、早朝に目が覚めて寝付けないとか、熟睡した気がしないとか、様々な悩みがあります。

中でも一番多いと言われているのが夜眠れない、いわゆる寝付きが悪いという症状です。

寝付きを良くするためのテクニックとして、私が比較的即効性があると考えているのが、寝る前に体温を上げるという方法です。

ただし、ただ体を温めればいいというわけではありません。

どのような方法で、どのタイミングで体を温めるかということをわかっていないと、逆に寝付きが悪くなってしまうこともあります。

ここでは、夜の寝付きをよくして不眠を解消するための知識・テクニックを紹介します。

なぜ体温が上がると寝付きがよくなるのか

体温と睡眠には密接な相関関係があり、体温が上がれば活動が活発になり、体温が下がると眠くなります。

よくドラマで、雪山で遭難した人に対して「寝ちゃだめだ!」っていうセリフがありますが、雪で体が冷やされるので、急激に眠くなるみたいですね。

以前はなんで寒いのに眠くなるんだろうと思っていたものですが、睡眠と体温の関係を理解すれば納得です。

・就寝時に体温が下がれば、スムーズに寝付くことができる!

基本的に人の体温は朝は低めですが徐々に高くなっていき、日中は最も体温が高くなっています。

個人差があるのですが、体温はだいたい夜の9時、10時くらいから下がり始め、この体温の低下は、午前4時、5時くらいに最も低くなるまで下がり続けます。

睡眠に入る際の体温の下がり方が急であればあるほど寝付きが良くなって、さらに睡眠の質も高くなるので熟睡しやすくなります。

ここでのポイントは、『体温の下がり方が急であればあるほど寝付きが良くなる』というところです。

つまり、寝る前に体を温めて体温を高めておけば、寝るときに体温の下がり方が急になって、より寝付きが良くなります。

・寝る前に体温を上げるとさらに体温が下がる!

さらにうれしいことに、寝る前に体温を上げておくと体温の下がり方が急になるだけでなく、普段よりもより低い温度まで体温が下がってくれます。

一般的には体温が低くなるほど深い眠りをとることができるので、不眠症を解消して快眠するためには、寝る前に体温を上げることが重要ですよ。

続きます↓↓

次のページ | 寝る前に体温を上げて、寝付きをよくするための3つの方法