【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

妊娠中に眠くて仕方がないときの対処法

妊娠中に眠くて眠くて耐えられない・・・

妊娠中、特に妊娠初期の頃には、このような強い眠気に襲われる方がとても多いです。

そこでここでは、妊娠中の眠気の原因と、眠気を防ぐための対策を紹介します。眠気に悩む妊婦さんは参考にしてください。

妊娠中の眠気の原因は何?

女性ホルモンが増える

妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンが増えます。この女性ホルモンは眠気を及ぼす作用があるので、眠気が強くなるのですね。

生理前に眠くて仕方がない人もいますが、これも女性ホルモンが増えることが原因なんですよ。

特に妊娠してすぐの頃は、女性ホルモンが急に増えるので、体が眠くなってしまいがちです。妊娠中期からは眠気が治まってくる場合も多いのですが、妊娠初期の眠気はある程度仕方がないのですね。

つわりの症状としての眠気

つわりと聞くと、吐き気などが思い当たると思いますが、吐き気の代わりに眠気が強くなる人もいます。

もちろん、吐き気もあって眠気もあるという人もいるのですが、眠気もつわりの症状の1つであると覚えておきましょう。

疲れが溜まっている

妊娠初期のころはともかく疲れやすいものです。女性ホルモンのバランスが乱れることも一因ですが、妊娠によるプレッシャーやストレスにより、普段以上に疲れやすいものなので、眠くなるのも無理はありませんね。

眠い時にはこうしよう!妊娠中の眠気対策

それでは、妊娠中の眠気の予防や対策はどうしたらよいのか、紹介します。

前の日にきちんと眠る

一番大切なことは、夜にきちんと眠ることです。

夜に熟睡するためのコツとしては、

  • 毎朝同じ時間に起きて、朝日を浴びる
  • 就寝前にぬるま湯につかり(足湯でもオッケー)、体を温めてから眠る
  • 寝室でアロマを焚くなど、リラックスできる空間を作る

などがあります。ぜひ自分にあった方法を見つけて下さい。

眠気が辛い時は昼寝をする

10分くらいの短い時間でも良いので、昼寝をするとだいぶ眠気は和らぎます。

しかし、10分間休憩をしたとしても、眠気はほとんど収まりません。これは研究により明らかになっており、眠気を解消するためには、短い時間でも良いので眠ることが大切です。

仕事をされている方なら、休憩時間に椅子に座ったままで良いので、昼寝の習慣を作ってみましょう。

どうしても耐えられないくらい眠い時は、上司に妊娠中の症状だということで、休憩をもらうのと良いですね。

妊娠中のカフェインについて

眠気覚ましにはコーヒーや紅茶に含まれるカフェインが効果的ですが、妊娠中にはあまり良くないと言われています。

妊娠中のカフェインの摂取により、妊婦や胎児に影響が出るのは、研究によると1日のかなりの量のカフェインを摂取した場合です。

ですので、1日1杯くらいであれば問題無いと思いますが、念のため控えておいたほうが良いかもしれませんね。

ちなみに、妊娠中に飲めるノンカフェインコーヒとしては、タンポポコーヒーがあります。妊娠前にコーヒーをよく飲んでいた方は、タンポポコーヒーを飲んでみるのも良いですね。

以上、妊娠中の眠気とその対策を紹介しました。

可能であれば、妊娠中に眠い時には無理をせずに、しっかりと休みましょう。お腹の中の赤ちゃんのためにも、無理は禁物です。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。