【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

更年期の女性に起こりやすい睡眠障害のまとめ

更年期の女性は、更年期障害に悩む方が増えたり、心身の不調を感じやすい時期です。

女性ホルモンが減少することで、ストレス耐性が弱くなり、様々な不調が現れやすいのですね。

そして、更年期というのは、睡眠に関する悩みも増えてくるものです。

そこでここでは、更年期の女性が発症しやすい、睡眠障害についてまとめました。

むずむず脚症候群は更年期の女性に多い

むずむず脚症候群とは、夕方から夜になると、脚のかゆみ、針で指すような痛み、虫がいるかのような違和感が続く睡眠障害です。

寝ようとすると脚が気になって寝付けなかったり、夜中に目を覚まして、脚が気になって眠れなくなったりと、むずむず脚症候群の方は満足に睡眠が取りにくいことが多くなります。

むずむず脚症候群にかかりやすい人は・・・

このむずむず脚症候群が発症する人の特徴として、

  • 男性よりも女性が発症しやすい
  • 高齢になるほど発症しやすい

というものがあります。

つまり、更年期の女性は、むずむず脚症候群のリスクが高くなってしまうのですね。

むずむず脚症候群について詳しく知りたい、治療方法が知りたいと言う方は、こちらを参考にして下さい。

むずむず脚症候群

頻尿で熟睡できない女性は多い

更年期の女性は、頻尿に悩む方も増えてきます。

海外の研究結果ですが、55歳以上の女性の3分の2は、夜間の頻尿で悩んでいるという驚きの報告もあるほどです。

そして、夜間の尿意というのは睡眠を妨げる要因となります。

トイレに行きたくなって目を覚ます度に睡眠が中断しているので、それだけ熟睡できていないということなのですね。

頻尿に悩んでいる方は、こちらを読んで貰えたらと思います。

夜間頻尿が原因で熟睡できない、目が醒めてしまう

うつ病にかかりやすい時期です

更年期というのはうつ病になりやすい時期でもあります。

子供が独り立ちしたり、夫が退職したりという環境変化があったり、親が亡くなるなど、うつを発症する要因が増えやすい時期なのですね。

さらに、更年期には女性ホルモンのバランスが崩れやすいので、ただでさえ気持ちが滅入りがちです。

実際に更年期障害の症状として、『イライラする』、『落ち込みやすい』、『やる気が出ない』と言った症状があるように、精神状態が不安定になりやすいのですね。

うつ病の人はほぼ全員が不眠症

そして、うつ病と睡眠は関係が深く、うつ病の人のほぼ全員は、何らかの不眠症の症状に悩まされています。

『イライラして眠れない、なんだか不安で眠れない、不安で夜中や早朝に目が醒めてしまう・・・』このような悩みがある場合、うつ病を疑ってみて下さい。

以上、更年期の女性に起こるリスクが高い睡眠障害を紹介しました。

更年期に心身の不調が起こることはある程度しかたがないことなので、あまり悩みすぎずに、必要に応じて適切に処置をして、よい睡眠をとれるようになりましょう。