【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

更年期障害を改善して、安眠する方法

更年期障害の女性は、多くが不眠症の症状を訴えます。

イライラや不安などの精神的なものが睡眠を邪魔する場合もあれば、体のほてりや頭痛、むくみなどの身体的なものが睡眠を妨げることもあります。

いずれにせよ、更年期障害の症状を和らげないと、熟睡することが難しくなるわけですね。
そこでここでは、更年期障害を改善して、安眠するための方法を紹介します。

更年期障害には終わりがある!

まず知っておいて欲しいのは、更年期障害には終わりがあるということです。

更年期障害は、閉経によって女性ホルモンが減少することによって起こります。そうすると、これまでとホルモンバランスが変わるので、体に不調が出るのは当然なんですね。

ですが、いずれ体は新しいホルモンバランスに慣れてくれます。そうすると、更年期障害の症状は自然と改善に向かっていくのですね。

更年期障害の期間は、短い人は1年くらいで終わると言われています。

長い人は数年続くこともあるのですが、いずれ改善されるという希望をもっていたほうが、気持ちも楽になるので、睡眠には良い影響を与えますね。

大豆イソフラボンを摂取しよう

近年の研究で、大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすることがわかりました。更年期障害の原因は女性ホルモンの減少だと言われているので、大豆イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンを補うのと同じような効果が期待されるのです。

ですので、大豆を多めに食べるようにして、大豆イソフラボンを摂取するようにしましょう。豆乳や納豆を食事に加えるようにすると良いですね。

ただし、大豆イソフラボンは摂り過ぎるのも良くないと言われているので気をつけましょう。例えば、毎食納豆を食べるなどの極端なことをしないで、1日1パック食べるくらいで十分です。

就寝前にリラックスタイムを取り入れよう

更年期障害は、不安な気持ちが強くなったり、イライラを感じやすくなるので、それが睡眠を妨げるようになります。

そこで、就寝前にいかにリラックスできるかが大切になります。

例えば、就寝前の1時間はリラックスタイムとして、テレビを消して好きな音楽を聞いたり、アロマを焚いてみたり、ハーブティーを飲むようにしたりと、自分なりのリラックスできる方法を見つけられると良いですね。

良い睡眠のために、快眠・安眠できる音楽を聴きましょう

アロマで不眠症を解消!安眠できるアロマ選びと使い方

女性におすすめ!快眠のための飲み物

症状によっては、病院で治療を受けましょう

更年期障害の症状が耐えられないほどに辛い場合には、病院で治療を受けることが大切です。

産婦人科に行けば、更年期障害かどうかの検査をした上で、ホルモン補充療法を受けることができます。ホルモン補充療法は効果的で、だいたい2~3ヶ月で症状はかなり改善されると言われています。

ただし、ホルモン補充療法は胃のむかつきや胸のはり、むくみなどの副作用がでる場合があるので、お医者さんときちんと相談しながら治療を受けるようにしましょう。

以上、更年期障害を解消して、安眠するための方法を紹介しました。

もし自分が更年期障害かも、と思う場合には、ぜひここで紹介した方法を取り入れてみて下さい。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。