【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

安眠できる!おすすめの夜食はこれ

夜遅い時間に食事をすると、寝苦しくなりますし、太りやすくなるので心配ですよね。

遅い時間に食事をすると寝苦しくなるのは、就寝時にまだ消化が終わっていないからです。ですので、遅い時間に食事をする場合には、消化が良い物を食べるのが良いですね。

ここでは、消化に良くて太りにくい、おすすめの夜食を紹介します。

仕事で帰りが遅かったり、夜遅くにお腹が減った時に、ここで紹介するメニューを参考にしてみて下さい。

うどんに生姜をトッピング

うどんは消化が早い食べ物なので、胃腸への負担が小さく、夜食にはおすすめです。胃腸への負担が小さいと、最近悩んでいる人が多い逆流性食道炎の心配も少なくなりますね。

さらに、ポイントは生姜をトッピングすることです。

生姜は体を温める効果が注目されている食材で、冷え性の改善が期待できる食材です。

就寝前に体温を上げておくと、快眠しやすいことが知られています。ですので、夜食に生姜をとると、体が温まって寝付きもよくなるわけです。

レタス雑炊

雑炊もお腹に優しくて、温かい食べ物なので、睡眠を妨げる心配は少なくなります。

さらに、レタスを加えることがポイントです。レタスはヨーロッパでは眠れる食材として有名で、レタスに含まれるラクッシンとラクットリコピンという成分が、睡眠に良い効果を与えるようです。

レタス雑炊はお腹に優しくて、安眠しやすい成分も取れるので、夜食にはいいですね。

お茶漬け

お茶漬けも消化が良くて胃腸に負担をかけにくいこと、体が温めることから、夜食としては良い食べ物です。お茶漬けに海苔を載せると、食物繊維も取れるので、お腹に優しくて良いですね。

ヨーグルト

ヨーグルトは胃腸に優しいですし、糖分ゼロのものを選べばダイエット中でも安心して食べられますね。

さらに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、睡眠を改善する効果があるという実験結果もあるので、快眠しやすくなるかもしれませんね。

また、ヨーグルトを電子レンジで温めてホットヨーグルトにするのもオススメです。

体を温めた方が、良い睡眠を取りやすくなれるので、温かいヨーグルトも許せるという方は(?)、ホットヨーグルトも試してみてくださいね。

ここでは、安眠するための夜食を紹介しました。

本当は、安眠のためには夜遅くに食べないことが一番です。ですが、そうもいかないときには、ここで紹介した夜食を試してみて下さい。

きっと、寝苦しくなる心配はないと思いますよ。