【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠不足はニキビ・肌荒れを招く原因に!

お肌の調子を万全万全に保つには、睡眠は非常に重要です。

睡眠不足が続くとニキビや肌荒れが起こりやすいのは、多くの人が経験のあることですよね。

ここでは、睡眠とニキビ・肌荒れの関係と、肌をキレイに保つための睡眠方法を紹介します。

睡眠中に成長ホルモンがお肌をケアしてくれています

睡眠中には、成長ホルモンというホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンが細胞を修復して、体の調子を整えてくれています。

当然、成長ホルモンはお肌の細胞を修復する力もあるので、お肌の状態をキレイに保つ役割も果たしています。

しかし、睡眠不足が続くとこの成長ホルモンが十分に分泌されないため、ニキビや肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

ニキビや肌荒れのケアとしては、ニキビ薬や化粧品を使う前に、まずは十分に睡眠をとって、成長ホルモンにしっかりと働いてもらうことが大切ですよ。

睡眠によってストレスを解消することが、美肌につながります

また、しっかりと睡眠時間を確保することで、ストレスが溜まりにくくなり、それが美肌につながります。

大人ニキビは思春期ニキビとは違い、原因が複雑です。大人ニキビの多くの場合、ニキビに外用薬を塗ってもあまり効果がありません。原因が体の内側にあることが多いので、そこにアプローチしなければいけないのですね。

大人ニキビの原因は多様ですが、ホルモンバランスの乱れやストレスも大きな原因となります。

しっかりと眠ってストレスを取り除こう!

そこで、ストレスを取り除く効果的な方法は、しっかりと眠ることです。

慢性的に睡眠不足が続くといつまでもストレスが解消できずに、肌荒れやニキビも治りにくくなります。ですが、毎日しっかりと眠ることでストレスも和らいでいくため、ニキビや肌荒れも良くなっていくはずですよ。

22時に就寝することが、お肌にとっては理想的!

また、夜の10時から午前2時の4時間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間です。

このくらいの時間に成長ホルモンが多く分泌することもあり、お肌をキレイに保つには、夜10時~午前2時の4時間をしっかりと眠ることが重要です。

さすがに夜10時に就寝するのは早過ぎると思うかもしれませんが、できるだけ早めに就寝したほうが、肌の調子はよくなりますね。

逆に良くないのは、午前1時とか2時になって眠ることです。これでは、お肌のゴールデンタイムにほとんど睡眠がとれていませんね。

肌荒れやニキビを改善するには、就寝時間にも気をつけましょう。

以上、睡眠とニキビ・肌荒れの関係を紹介しました。

美肌のために、睡眠は思っている以上に重要なものです。お肌を綺麗に保つためにも、まずは睡眠を見直してみましょう。