【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠不足だと疲れが取れず、体調不良になりやすい

きちんと睡眠をとっていないと、体の疲れが取れずに、翌日に疲れが残ってしまいます。

また、誰しも経験があるとは思いますが、睡眠不足は様々な体調不良を招きます。

ここでは、睡眠不足が招く様々な体調不良について説明します。

睡眠不足だと翌日に疲れが残ってしまいます

睡眠の役割の1つは、体の疲れを回復することです。

睡眠後の最初の3~4時間に成長ホルモンが集中して分泌されるのですが、この成長ホルモンが体の疲労を回復する効果があるのです。

しかし、睡眠時間が短い場合は、この成長ホルモンが十分に分泌されないうちに目を覚ますので、疲労の回復が不十分です。

ですので、睡眠時間が5時間に満たないというような生活を続けていると、慢性的に疲労が溜まりやすくなってしまいます。

特に体の疲れがとれないと感じるようなときには、普段よりも長めに睡眠時間をとるようにして、疲労回復に努めましょう。

睡眠不足で頭痛、関節痛、胃のむかつきなどの体調不良が現れやすい

また、睡眠不足で頭痛や関節痛、胃のむかつきなどの体調不良が起こりやすいことがわかっています。

ある実験では、睡眠時間が5時間以下という生活を数日続けると、頭痛や関節痛、胃のむかつきなどが起こりやすいという結果が出ています。

また、睡眠不足が2日以上続くと、頭痛などの体調不良が起こりやすいということも言われています。

どのような症状が出るのかは個人差があるのですが、何らかの体調不良が続くときには、睡眠不足を疑ってみると良いと思います。

睡眠時間の変化が大きいと、頭痛が起こりやすい?

なお、頭痛に関しては、どうして睡眠不足で頭痛が起こることがあるのかはわかっていません。群発頭痛という激しい痛みを伴う頭痛の原因の1つに睡眠不足があると言われていますが、群発頭痛はそれほど一般的な頭痛ではありません。

むしろ、頭痛の場合は寝過ぎた時に起こりやすいかと思います。

これは週末に普段と睡眠時間が大きく異なることが原因で起こると言われています。

つまり、睡眠不足や過眠が頭痛を招くと言うよりも、普段よりも睡眠時間が大きく異なった場合に、頭痛が起こるのかもしれませんね。

ここでは、睡眠不足によって起こる体調不良について紹介しました。

どのような体の不調が現れるかというのは、その人その人が普段から抱えている持病などによるので一概には言えないのですが、慢性的な睡眠不足は何らかの不調を招くことは確かです。

体調不良がある場合は、きちんと睡眠時間を確保しましょう。