【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

不眠症でも、病院に行くためのハードルは高い

睡眠に関する悩みがあっても、『病院に行くほどのことじゃないよなあ・・・』、と思ってしまいませんか?

不眠症に悩む人は年々増えていますが、それでも『不眠症』という病気はまだまだ軽く考えられているようで、病院を受診する人は多くありません。

不眠症の人が病院に行かないのはなぜ?

ある病院で行われた大規模なアンケート調査によれば、不眠症の症状が見られても、実際に病院を受診した人は半分以下でした。

(http://www.qlife.jp/square/feature/q_research/story27204.html)

その理由として、

『不眠症であることを周囲に知られたくない』

『わざわざ不眠外来に行くのは大げさだ』

と答えた人が、いずれも30%を超えています。

確かに、不眠症という病気はまだまだ周囲に理解されにくいものですし、睡眠外来という専門病院自体も馴染みの少ないものなので、このように感じる人が多いのも無理はありませんね。

ですが、不眠症のリスクは知っておいて欲しい・・・

ですが、不眠が長く続くと、健康面で様々なリスクが高まります。

眠れない状態を放置していることでうつ病になってしまい、仕事を続けられなくなってしまった人もいますし、生活習慣病を患ってしまった人もいます。

眠れないことは体が発する何らかのSOSなので、きちんと向き合ってもらえたらと思います。

不眠外来を受診するメリット

7割以上の人が、不眠を改善している

さて、同じアンケート調査では、不眠外来を受診することで、不眠症が改善した方が74.2%という結果が出ています。

私の感覚としては、けっこう多いなあと思うのですが、どうでしょうか。

早めの治療が、他の病気を防ぐ

不眠の原因が、他の病気によるものである場合もあります。うつ病と不眠には深い関係がありますし、睡眠時無呼吸症候群も放っておくと危険が大きな病気です。

きちんと病院で診てもらうことで、こうした病気が悪化することを防ぐことができます。

迷っている方は、睡眠外来を受診してみましょう

ということで、病院に行こうか迷っているのであれば、一度行ってみたらいいと思います。

睡眠薬を飲みたくないのであれば、その旨を伝えれば良いですし、お医者さんに診てもらえればやっぱり安心するはずです。