【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

生理・月経前の不眠を解消するには?

ここでは、生理や月経前になると眠れない、夜中に目が覚めるなどの不眠の症状が現れる場合の対策を紹介します。毎月、生理前になると決まって不眠や熟睡できなくなるという方は、ぜひ参考にしてください。

寝る前に体温を上げることで、生理前の不眠を解消!

生理・月経前に眠れない原因として、体温が普段よりも高くなることがあります。

つまり、寝ようと思っても体温がなかなか下がらないので、寝付けなかったり、就寝中も体温が低くなりにくいので、熟睡しにくいんですね。

そこで、就寝前に体温を上げることで、その反動で体温が下がりやすくなります。

就寝前に体温を上げる簡単な方法としては、

  • 就寝の1時間くらい前にぬるま湯にじっくり浸かる
  • 夕食に唐辛子や生姜などの体が温まる物を食べる
  • 夜にウォーキングやストレッチなど、体が温まる運動をする

などがあるので、試してみてください。

サプリで月経前の不眠を改善する!

サプリの力で生理・月経前の不眠症を改善することもオススメです。

特に、グリシンというアミノ酸は、就寝時の体温を下げることで、深い眠りにつけることが実験から明らかになっています。

また、生理前症候群には、ビタミンB6が効果的だという研究結果があります。ですので、生理前症候群としての不眠の症状にも、ビタミンB6を積極的に摂取するようにしたいところです。

グリシンやビタミンB6を含むサプリとしては、マインドガードDXという青汁があるので、生理前の不眠対策にはオススメです。

不眠症におすすめのサプリ『眠れる青汁マインドガードDX』

ストレスを和らげることで、生理前症候群を解消する

生理前症候群(PMS)は女性ホルモンの乱れが原因ですが、PMSを悪化させる一番の要因はストレスだそうです。

日常的にストレスを溜めていると生理前症候群になりやすかったり、生理前症候群によってストレスが溜まることが、余計に生理前症候群を悪化させるなど、悪循環に陥る場合もあります。

ですので、生理前症候群を緩和するには、ストレスを和らげることも考えましょう。

ストレスを緩和して、リラックスする方法としては、次のような方法を参考にしてください。

以上、月経・生理が原因となる不眠の原因と対策を紹介しました。

生理前症候群としての不眠症であれば、だいたい不眠になる時期が予測できるので、月経の時期が近くなったら、意識的にここで紹介した方法を実践するようにして、月経前の不眠を解消してください。