【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

あなたが眠れないのは、タバコを吸っているからかも!?

イライラしているときにタバコを吸うとリラックス出来ますよね。確かにタバコのニコチンにはリラックス作用がありますが、それだけでなく、睡眠を妨げるような働きもあるのです。

もしもあなたに喫煙の習慣があり、特に寝る前にもタバコを吸っているのであれば、それがあなたの不眠の原因かもしれません。ここでは、タバコと睡眠の関係について説明します。

タバコが睡眠に悪影響を与えるという事実

タバコを吸っている人は、吸わない人に比べて、眠りの質が低下しているというデータがあります。

具体的には、喫煙者は非喫煙者と比較して、

  • 浅い眠りが24%多い
  • 深い眠りが14%少ない
  • 寝付くまでの時間が平均5分長い

ということがわかっています。
(http://allabout.co.jp/gm/gc/375070/)

タバコの影響で寝付きが悪くなるだけでなく、睡眠の質もだいぶ低下していることがわかりますね。

睡眠を妨げるニコチンの恐ろしいパワー

タバコを吸うと睡眠の質が低下する理由は、タバコの煙に含まれるニコチンです。ニコチンは神経を興奮させ、血管を収縮させることで血圧を高め、心拍数を増大させるなどの作用があります。

その結果、脳や体が覚醒状態に近づこうとして、眠りを妨げるわけです。

さらに、ニコチンのおそろしいところは、ニコチンの効果が表れるまでの時間の速さです。

ニコチンはわずか8秒で脳まで届く!

ニコチンは体内への吸収速度が早く、なんとタバコを吸ってからわずか8秒で脳に届いてしまうのです。イライライしている人にとっては、タバコを吸ったらすぐにニコチンが作用するのでありがたいのかもしれませんが、就寝前にタバコを吸うと、即効で脳を覚醒してしまうので、寝付きが悪くなってしまいますね。

不眠解消のためには、タバコを控えることが重要です

就寝前にタバコを吸う習慣がある方や、1日5本~10本以上タバコを吸う習慣がある方は、タバコを原因で眠れなくなっている可能性があります。その場合は、なるべくタバコを控えることが、不眠解消への近道になります。

まずは就寝前の2時間のタバコを控えよう

タバコを吸うことによる脳の覚醒作用は、30~1時間ほど続くと言われています。ただし、ニコチンの半減期はおよそ2時間なので、タバコを吸ってから2時間くらいの間は、ニコチンの影響が残っている可能性があります。

ですので、まずは就寝前の2時間にはタバコを吸わないことから始めてみるといいと思います。

いずれは禁煙できると、より熟睡できるはず

もちろん、いずれは禁煙できたほうが、より熟睡できるようになるはずです。ですので、すぐには難しいと思いますが、これを機会に少しずつ禁煙のための努力をされてみると良いと思います。