【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

快眠のための2つの条件を満たした敷き布団『雲のやすらぎ』

快眠のための敷き布団・マットレス選びはとても大切です。

体に負担がかかる敷き布団やマットレスをつかっていると、ちゃんと睡眠をとっているのに疲れがとれないとか、夜中に目が覚めてしまうなどの不眠症の原因になることもありますので、快眠できる敷き布団やマットレスを選びましょう。

さて、快眠できる敷き布団・マットレスの条件として、私は①体圧を分散してくれること、②通気性がよいことと考えています。

この2つの快眠できる条件を満たしている敷き布団として、『雲のやすらぎ』というものがありますので、紹介します。

①雲のやすらぎは体圧を分散する独自製法

雲のやすらぎの大きな特徴として、体圧を分散するための独自の製法を採用していることが挙げられます。

一般的な敷き布団は、横の繊維だけからなります。そうすると、布団が柔らかすぎて、体が沈み込んでしまいます。

体が沈み込むと、熟睡には欠かせない寝返りがしにくくなったり、血の流れが滞ったり、汗が蒸発しにくくなったりと、寝苦しい夜を過ごすことになってしまいます。

一方で、縦の繊維からなる敷き布団は、高反発な敷き布団になります。体に接する部分が凹凸状になっており、この凹凸が体を『点』で支えることで、体が沈み込まず、自然な姿勢をキープでき、寝返りも打ちやすくなります。

雲のやすらぎは、横の繊維と縦の繊維がサンドイッチ!

そして、雲のやすらぎは縦の繊維だけでなく、中心に横の繊維をサンドイッチするというおもしろい製法をとっています。これにより、表面は凹凸がしっかりと体を支えて、寝返りがしやすく、体が疲れない姿勢で眠ることが可能です。

さらに、中心は横の繊維なので、体圧をしっかりと分散してくれます。

雲のやすらぎは体に負担がかからない

体圧が分散されるということは、体のどこか一箇所に負担がかからないということです。

寝ているときに腰が痛くなったり、首が痛くなったりというのは、その部分に負担がかかってしまっているんですね。

ですが、体圧が分散されているおかげで、体に負担がかからず、自然な姿勢で眠ることができ、寝返りもスムーズに打てるようになります。このように、独自の技術で、高反発でしっかりと体圧を分散させてくれるため、雲のやすらぎは快眠できるわけです。

②雲のやすらぎは通気性が良い

眠っている時、人はかなりの汗をかきます。一般的には一晩でコップ一杯の汗をかくとも言われますね。

人は眠っているときに汗をかくことで、体の体温を下げて、それにより深い眠りに入っていきます。ですので、布団を選ぶ際には、通気性がよく、しっかりと汗を蒸発させられるもののほうが、快眠できるわけです。

そこで、雲のやすらぎですが、縦の繊維を採用しているため、上から下に空気が通りやすくなっています。これにより、しっかりと汗をかき、体の熱を放出して、体温を下げやすくなっています。

雲の安らぎは汗を吸収しやすい羊毛を使用

また、雲のやすらぎに使用されているのはロレーヌダウンという羊毛ですが、これは吸湿性に優れている羊毛であるため、夜間にかいた汗をしっかりと吸湿してくれるため、汗で蒸れるということも起こりにくいです。

そのため、雲のやすらぎは通気性がよく、体温がスムーズに下げられるので、快眠できるんですね。

このように、雲のやすらぎはオリジナルの体圧分散技術を用いており、通気性にも優れているので、不眠症に悩む方には使ってみて欲しい敷き布団です。翌日疲れが残らずに、活き活きと毎日を過ごせるようになるかもしれません。

⇒雲のやすらぎの詳細はこちらです

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。