【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

快適な睡眠環境のための、エアコン、扇風機の使い方

暑い時期は、クーラーや扇風機をつけっぱなしで眠りたくなりますよね。

ですが、エアコンや扇風機をつけたまま寝るのは、快適な睡眠を妨害することになりかねません。寒い時期にエアコンをつけたまま眠るのも同じで、快眠しにくくなってしまいます。

快適な睡眠環境を作り出すためには、エアコンや扇風機はほどほどに活用することがポイントです。ここでは、正しいエアコンやクーラーの使い方を紹介します。

1.暑い夏に快適な睡眠を妨げないクーラーの使い方

睡眠を妨げる間違ったクーラーの使い方として多いのが、暑い時期にはクーラーをつけっぱなしにして寝ることだと思います。ですが、夜中の間ずっと室内の温度が低めに保たれていると、汗をかきにくくなり、なかなか体温が下がりません。

人は体温を下げることで、深い睡眠に入っていくので、体温が下がらないと、眠りが浅くなってしまいます。ですので、夜の間中クーラーをつけているのは、快眠の妨げになってしまいます。 

クーラーは就寝前にこそ使うべし

正しいクーラーの使い方としては、就寝前にクーラーをつけておき、寝室や寝具を十分に冷やしておくことです。こうすることで、スムーズに眠りにつくことができますし、その後スムーズに体温が下がり、眠りが深くなるので、快適な睡眠を得やすくなります。

それでも、あまりに暑い時にはクーラーをつけたくなると思います。

そんなときは、28度など高めの温度設定で、2時間以内のタイマーにしておくことが無難です。

2.暑い夏に快適な睡眠を妨げない扇風機の使い方

多くの人の扇風機の使い方は、自分の体に扇風機を向けて、体に風が当たるようにしています。ですが、これも寝ている間中風が体にあたって、体が冷えすぎてしまいます。

そうすると、スムーズに体温が下がりず、快適な睡眠が取りづらくなります。また、翌日体調不良になる可能性もありますので、注意が必要です。

扇風機は壁に向ける!?

そこで、快眠を妨げない扇風機の使い方は、壁の方に扇風機を向けて、空気を循環させることです。体に風をあてないと涼しくないというイメージがあるとは思いますが、実際やってみると案外涼しいんですよ。

3.寒い冬に快適な睡眠を妨げない、エアコンの使い方

夏だけでなく、冬もエアコンをつけっぱなしというのは考えものです。

やはり、自然な温度調整ができないと、体温がスムーズに下がらないので、質の高い睡眠が得られにくくなります。

そこで、冬は就寝前にエアコンを付けて、部屋や寝具を暖めておきましょう。

これだけでも、快適に眠りにつくことができます。

以上、熟睡するためのエアコンや扇風機の使い方を紹介しました。

エアコンや扇風機に頼りすぎると、睡眠が浅くなったり、不眠症の原因になる場合がありますから、注意が必要です。

暑い時、寒い時の調整はできるだけ寝具を工夫するなどして対処し、エアコンや扇風機はほどほどに使うようにしましょう。快適な睡眠を取りやすくなると思いますよ。