【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

寝室は眠るためだけの部屋にすることが、スムーズな入眠を助ける

ベッドに入ってスムーズに眠りにつくには、寝室に入ったらリラックスして、眠りに入る準備をする必要があります。そのためには、寝室は寝るためだけの部屋にしてしまうことがおすすめです。

ここでは、スムーズな眠りにつくためのオススメの寝室環境の作り方を紹介します。

眠れない寝室とは?

実は、以前は私も寝室にパソコンを置いて、寝る直前までパソコンで仕事をするか遊んでました。

でも、そうすると寝室と仕事部屋、娯楽部屋がすべて一緒になってしまっていて、寝室に入ったらリラックスできるような状態にはなれなかったんですよね。

寝室にテレビを置いている人も同様です。

寝室でテレビを見ていて、『さて、寝よう』と思っても、なかなかすぐにリラックスできるわけではありません。

ですので、寝室に入ったら眠るだけという環境にしてしまうことが、スムーズな入眠のポイントになります。

快適な寝室を作るコツ1:テレビやパソコンを置かない

繰り返しになりますが、寝室にはテレビやパソコンなどを置かないことが大切です。

できれば、携帯も持ち込まないほうがいいですね。寝る前に携帯をいじるのは眠れなくなる大きな原因の1つですから。

ほかにも、仕事関係の書類を持ち込んだり、自分が熱中してしまうようなものは置かないように注意しましょう。

私も今は、寝室には布団以外はほぼ何も置いていません。

味気ない寝室ですが、そのおかげで寝室に入ると寝ることしかやることがないので、体がスムーズに入眠モードに入ってくれている気がします。

快適な寝室を作るコツ2:間接照明やアロマを置いてみる

寝室は基本的にやや暗めにしておいたほうが、睡眠にとっては有利です。

照明を暗めに調整するのもいいですし、間接照明を置くのもいいですね。

床置きタイプの橙色の照明なんかは、部屋の雰囲気も良くなりますし、リラックスしやすい部屋になると思います。

また、好みの問題にもなりますが、アロマを焚くなどして、リラックスできる環境にするのもいいですね。

快適な寝室を作るコツ3:寝室で考え事をしない

寝室は眠るためだけの部屋にするべきですから、寝室で考え事はしないほうがいいです。

なかなか寝付けなくて、自然と考え事をしてしまう夜もあるとは思いますが、そういうときには思い切ってリビングなどに移動して、考え事をしてみるのもありです。

そうして、頭が整理されたら寝室に戻ります。

寝室は寝るためだけの部屋ですから、もう考え事は終わりにして、眠ることに専念します。

以上、寝室を眠るための部屋にする3つのコツを紹介しました。

ちょっとした事ですが、寝室をうまく眠るためだけの部屋にすることができれば、スムーズに入眠できるようになると思います。

うまくいけば、不眠症も改善される可能性がありますので、ぜひ寝室環境にはこだわってください。