【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

金縛りの原因と対策~金縛られずに熟睡~

睡眠中に体が動かなくなって、体が押さえつけられたり、幻聴や幻覚が聞こえたり・・・

金縛りってすごい恐怖感がありますよね。

私の場合、ソファーなど布団じゃないところで寝た時や、昼寝をしているときに金縛りに合うことが多いです。体を動かしたくても動かせない、あの気持ち悪さと言ったら、多分金縛り経験者にしか伝わらないと思います。

ここでは、そんな金縛りが起こる原因や、金縛りにかかる頻度を減らすための対策を紹介します。

金縛りって心霊現象?そのメカニズムは?

金縛りは心霊現象だなんて言う話も聞くことがありますが、私はそういう類の話は一切信じないので、金縛りも科学的に考えています。金縛りは、レム睡眠の時に起こる現象です。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は、脳は活発に活動していますが、体を動かすスイッチが切れているので、体は動かせず脱力した状態です。

このレム睡眠の時には、よく夢を見ます。

一方、ノンレム睡眠は、体を動かすスイッチは入っているので寝返りなどは打てますが、脳も体も深い休息をとっている状態です。

金縛りはレム睡眠中に起こる

さて、金縛りはレム睡眠の時に起こるのですが、レム睡眠の時は体が動きません。

ですので、レム睡眠時に何らかの拍子で意識だけ覚醒してしまった時に、金縛り状態に合うわけです。

さらにレム睡眠中は夢をよく見ることから分かるように、脳が覚醒したといっても、夢と現実があやふやな状態にもなりがちです。それが、金縛り中に起こる幻覚や幻聴になるわけです。

ちなみに、金縛りの時に幻覚を見ていると思っていても、金縛り中は殆どの場合目を瞑っています。しかし、本人は目を開けていると錯覚しているため、それが幻覚だと感じてしまうわけです。

金縛りは何が原因で起こるの?

さて、金縛りはレム睡眠中の体が動かせない時に、脳だけ覚醒してしまった状態です。ですが、レム睡眠中に覚醒すると必ず金縛りになるのかというと、そんなことはありません。

もしそうなら、レム睡眠中にアラームが鳴るたびに金縛りに合ってしまいますね。

ですので、たいていはレム睡眠中に目が醒めてしまっても、すぐに脳も体も覚醒して、金縛りにあることはありません。しかし、何らかの拍子にレム睡眠中に意識だけが覚醒してしまうと、金縛りになるわけですね。

では、どんなときに金縛りに合いやすいのでしょうか。

次のページで、どんな時に金縛りに合いやすいのか、金縛りに合う回数を減らすためにはどうしたらいいのか、説明します。

続きます↓↓

次のページ | 金縛りを予防!金縛られないために必要なこと