【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

熟睡できない原因を特定する3つの質問

睡眠時間はきちんと確保しているはずなのに、なぜか毎朝熟睡した気がしない・・・。

このような眠りが浅くて熟睡感がなかったり、疲れがとれないというのは、『熟睡障害』という不眠症の症状の1つの可能性があります。

ここでは、熟睡できない主な原因3つ紹介しています。自分にあてはまる原因を見つけて、熟睡するために役立てて下さい。

熟睡できない原因① 睡眠時間は適切ですか?

朝起きた時に疲れが取れなかったり、熟睡感を感じられない場合は、睡眠時間があなたにとって最適ではない可能性があります。睡眠時間が不適切という中には、『睡眠時間が短い場合』と、『睡眠時間が長い場合』の2つが含まれています。

睡眠時間が短くて熟睡した気がしない

『質の高い睡眠をとれば、睡眠時間が短くても熟睡できる』と思われるかもしれません。ですが、実際に多くの人は、睡眠時間が足りないと疲れがとれず、熟睡した気がしないものです。

適切な睡眠時間というのは人それぞれなので、一般的に言われている7時間とか8時間という時間にこだわらないことがポイントです。朝スッキリと起きられないのであれば、睡眠時間を15分~30分単位で増やしてみて、熟睡感を感じられる睡眠時間を見つけましょう。

睡眠時間が長くて熟睡した気がしない

寝過ぎて体調が悪くなったという経験があると思いますが、睡眠時間が長すぎても熟睡した気はしないものです。なぜかというと、睡眠時間を伸ばすと、朝型は浅い眠りが長く続くからです。

朝型に浅い眠りが長く続くと、目を覚ましたときにスッキリとせずに、体がだるい感じが残ります。その場合は15分~30分単位で睡眠時間を減らしてみて、熟睡感を感じられる睡眠時間を見つけましょう。

熟睡できない原因② 寝る前にお酒を飲んでいませんか?

寝酒をする人は多いのですが、寝酒をすると眠りが浅くなるので、体の疲れがとれにくくなりますし、熟睡もできません。アルコールにより睡眠の質が低下することはいくつかの研究により明らかですので、寝酒が習慣になっている方は少しずつお酒を控えていきましょう。

寝酒ではなくても、夕食以降にアルコールを飲む習慣がある方は、できるだけ控えることがオススメです。夕食に缶ビールを1本飲む程度であれば、就寝時にはアルコールが分解されているので、特に問題は無いはずです。

熟睡できない原因③ 睡眠時無呼吸症候群ではありませんか?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に一時的に呼吸が止まる睡眠障害です。具体的には、1時間に5回以上、無呼吸(あるいは低呼吸)が見られると、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の場合、朝起きた時に次の症状が顕著に見られます。

  • まるで体の疲れがとれていない
  • 全然熟睡した気がしない
  • 頭痛や喉の渇きがひどい
  • 寝不足感が強い

睡眠時無呼吸症候群の可能性がある方は、睡眠時無呼吸症候群を治療することで、熟睡できないという悩みは改善されるはずです。

自宅でできる、睡眠時無呼吸症候群の改善法

ここでは熟睡できない主な原因を3つ紹介しました。実際は他にも熟睡できない原因はありますが、ここで紹介した3つは当てはまる人が多いものです。ぜひ原因を取り除いて、朝まで熟睡できるようになってください。