【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

日中の眠気が異常・・・、これって何かの病気?

なんだか日中眠くてうとうとする・・・

このようなことは誰にでもあることですよね。特に午後2時~4時の眠気というのは、体内リズムに組み込まれた眠気なので、あって当然のものです。

ですが、その眠気の強さが異常な場合は、注意が必要です。

例えば、

  • 会議中や、集中しなければいけない場面で、眠くてまるで集中できない
  • 眠るつもりはないのに、気づくと意識が飛んでいた
  • どう頑張っても、眠気に耐えることができないほどに眠い

このような異常に強い眠気がある場合には、もしかしたら何ならかの病気の可能性があります。

ここでは、日中に深刻な眠気をもたらす病気に関して説明します。

深刻な眠気をもたらす病気① 睡眠時無呼吸症候群

とても有名な病気なので、名前を聞いたことがあるという人は多いと思います。この病気は、睡眠中に呼吸が止まったり、呼吸が弱まって、脳に上手く酸素が届かなくなる病気です。

睡眠時無呼吸症候群の人は、健康な人と比較して、睡眠の質が非常に浅くなります。深い睡眠である、ノンレム睡眠の第三、第四段階が全く訪れないようなケースもあるほどです。

さらに、本人が気づいている場合も気づかない場合もありますが、深夜に目が覚める回数も増えています。そのため、どれだけ長く眠っても、日中には耐え難いほどの眠気が訪れます。

睡眠時無呼吸症候群であることを気づいていない人が多い

睡眠時無呼吸症候群でやっかいなのは、本人が気づきにくいことです。眠っているときに呼吸が止まっているかどうかなんて、自分ではわかりませんからね。

家族などに呼吸が止まっていることや、いびきがひどいという指摘を受けたことがある人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性を疑って、病院で相談してみて下さい。

なお、睡眠時無呼吸症候群の治療としては、ともかく痩せることが必要な場合が多いので、肥満気味の方は痩せないといけません。

酵素ダイエットで睡眠時無呼吸症候群を改善しよう

深刻な眠気をもたらす病気② むずむず脚症候群

あまり馴染みのない病気かもしれませんが、それほど珍しい病気でもありません。

むずむず脚症候群とは、脚がむずむずして不快感があり、それが気になって熟睡できない病気です。

脚の不快感が原因で、寝付くまでに時間がかかったり、夜中に目を覚ます回数が多くなります。その結果、熟睡できずに、日中に強い眠気をもたらします。

むずむず脚症候群の心当たりがある方は、病院で検査をしてもらいましょう。

深刻な眠気をもたらす病気③ ナルコレプシー

ナルコレプシーは、患者の数が0.1%くらいなのですが、かなり深刻な眠気をもたらす病気です。

ナルコレプシーにかかると、自分の意識とは関係なく眠りに落ちてしまいます。

例えば、人と会話している最中に突然眠ってしまうというように、通常はあり得ないようなタイミングで眠ってしまいます。

もし日常生活で、自分でも信じがたいタイミングで眠ってしまうことがある方は、ナルコレプシーを疑ってみて下さい。病院で症状を和らげる薬をもらうことができます。

以上、日中に深刻な眠気をもたらす病気を取り上げました。

耐え難いほどの眠気に襲われることがある方は、これらに当てはまらないか、考えてみて下さい。

また、日中の眠気が深刻だと感じていても、それは病気ではなく、単に睡眠不足や、睡眠の質が悪い場合もあります。その場合は、睡眠時間の見直しや、睡眠の質を上げるための生活習慣の見直しが大切です。