【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

就寝時刻を決めないことが、寝付きを改善する第一歩

不眠症の方にぜひ習慣にしてほしいことは、『就寝時刻を決めない』ことです。

毎日同じ時間にベッドに入っているけれど、寝付けないことが多い・・・

そのような方は、就寝時刻を決めないようにするだけで、不眠症が改善される可能性がありますよ。

決まった時刻にベッドに入ることの落とし穴

毎日同じ時刻にベッドに入るということは、眠くない時でも無理やり寝ようとするということです。ですが、眠くないのにベッドに入っても、寝付きが悪くなることは当たり前ですよね。

そして、ベッドの中で眠れない時間を過ごすというのは、さらに不眠を悪化させる要因になるのです。

眠れない時間は、ストレスを感じる時間です

ベッドに入ってもなかなか眠れないと、

『なんで眠れないんだろう・・・』

『今日も眠れないのか・・・』

『早く眠らないと、仕事に支障が出る・・・』

などと、いらだちや不安を感じて、ストレスが溜まりやすくなります。

このようにストレスを感じると、体がリラックス出来ないので、余計に眠れなくなるのです。

不眠の方はただでさえストレスを感じやすいのに、眠くないのに寝ようとすることで、一層ストレスが溜まってしまうのですね。それが不眠症を悪化させるという悪循環にはまってしまいます。

眠くなってからベッドに入る、ただそれだけ

眠くない時に寝ようとしても、ストレスを感じて不眠症を悪化させるだけです。

ではどうすれば良いのかというと、『眠くなってからベッドに入る』、ただそれだけでいいんです。

就寝時刻を決めずに、眠くなったら寝るようにしましょう

そのために、就寝時刻を決めないようにしましょう。眠くなるまではリビングでテレビを見たり、本を読んだりと好きな事をして、眠くなってから初めて寝室に向かいましょう。

その時に、

『◯時までに寝ないと、明日は寝不足になって大変だな・・』

なんていうことは考えないことが大切です。

どうせ眠くないのにベッドに入っても眠れないのなら、眠くなるまではリラックスできることをして過ごすのが一番です。

そのほうが、結果的には睡眠時間が長くなると思いますよ。

ポイントは、睡眠不足になることをおそれないことです。

ただし、起床時刻は守ること!

ここまで、就寝時刻を決めないほうが良いということを説明してきましたが、一方で起床時刻はきちんと守ったほうが、不眠が改善されやすくなります。

起床時刻を一定にすることで、体内時計が狂わずに、いつも正確な時刻を刻むようになります。そうすると、だいたい夜も同じくらいの時間に眠気が訪れるようになるので、不眠症が解消されやすくなりますよ。

以上、不眠症の人に取り入れて欲しい生活習慣として、『就寝時刻を決めない』ことを紹介しました。就寝時刻を決めない、睡眠不足を恐れない、起床時刻は守る、この3つをぜひ覚えておいて下さい。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。