【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

夜に強い光を浴びないことで、楽々安眠する方法

毎晩ぐっすりと安眠する方法として、夜に強い光を浴びないような生活を心がける方法があります。

単純な方法ですが、意識すると効果的な方法なので、夜に強い光を浴びる機会がある方は、ぜひ安眠法を実践してみてください。

夜に強い光を浴びるとどうして安眠できないの?

そもそも、人工的な光がなかった時代には、人間は太陽が沈んだら就寝して、太陽が顔を出したら起床するというリズムで生活していました。

そのため、人の就寝-起床のリズムというのは、もともと太陽の光に合わせて調整するように出来上がっているんですね。

しかし、現代は人工的な光があるばかりか、コンビニなどのお店が24時間開いているような時代です。そんな時代なので、本来は強い光を浴びてはいけない夜の時間帯に、強い光を浴びる機会が増えています。

夜に強い光を浴びると、メラトニンの分泌が抑制されてしまう

それでは、夜に強い光を浴びると何が問題なのでしょうか。

それは、本来は夜になると分泌されるメラトニンというホルモンが、分泌されなくなってしまうことです。

メラトニンは就寝時間の1,2時間くらい前に分泌され始め、眠る準備を始める働きがあります。

しかし、夜に強い光を浴びることでメラトニンが分泌されないと、なかなか安眠することが難しくなるわけですね。

睡眠に支障が出る光の強さと、光を浴びる時間

夜に強い光を浴びると安眠しにくくなるわけですが、ではどのくらいの光を浴びると睡眠に支障が出るのでしょうか。

これには、強さと時間が関係しています。

どのくらいの光を浴びたら安眠に支障が出るの?

まず、光の強さに関してですが、リビングにつけるような大きな白色照明くらいの強さの場合、30分も光を浴びれば、メラトニンの分泌が抑制されると言われています。

そして、それよりも強い光、例えばコンビニやスーパーなどのお店の場合は、より短い時間でも安眠に大きな支障が出る可能性がありますね。

どのくらいの時間光を浴び続けると睡眠に支障が出るの?

次に、時間です。

弱い光であったとしても、長時間光りを浴び続けると、メラトニンの分泌が抑制されることがわかっています。例えば、キッチンや洗面所の照明の明るさは、あくまで一般的な話ですが300ルクス程度と言われています。

このくらいの弱い照明でも、2時間くらい連続して光を浴び続けていると、メラトニンの分泌が抑制されてしまいます。

つまり、弱い光であったとしても、安眠を妨げられる可能性があるわけですね。

ここまで、夜に光を浴びるとどうして安眠に影響が出るのか、ということを説明しました。

次のページでは、夜に強い光を浴びないための工夫について紹介します。

続きます↓↓

次のページ | 夜に浴びる光で不眠に!効果的な3つの安眠法

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。