【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

不眠改善・快眠ための食事のメニューや摂り方の極意

よく、寝る前にホットミルクを飲むとよく眠れるよ、と言われたり、一時期はキャベツを食べると快眠できるよ、なんてことが言われたりもしました。

実際に、食事と睡眠には深い関係があります。

不眠症で悩んでいる方は、食事のメニューや食事を摂る時間に気をつけることで、快眠できるようになる可能性がありますよ。

ここでは、不眠改善のための、おすすめの食品や食事の摂り方を紹介します。出来る範囲で実践してもらえれば、いずれ快眠効果を実感してもらえるのではないかと思っています。

快眠のためには、朝ごはんが超重要!

少し意外に感じるかもしれませんが、質の良い深い睡眠をとるためには、朝ごはんが非常に大切になります。具体的には、朝ごはんで摂るべき成分は『トリプトファン』です。

トリプトファンは人の体内では作ることができない、いわゆる必須アミノ酸なので、食事などから摂るしかありません。そして、朝トリプトファンをとると、トリプトファンは日中に『セロトニン』に、そして夜には『メラトニン』へと変化します。

このメラトニンが不眠症の改善にはとても大切で、夜に脳内でメラトニンが分泌することで、眠くなるようになっているんです。

トリプトファン…朝食で摂取するのがポイント
👇
セロトニン…リラックス・精神安定効果
👇
メラトニン…睡眠物質のメラトニンのおかげで眠くなう

トリプトファンをたくさん摂取できる、おすすめの食事(和食)

では、トリプトファンを摂取して不眠症を改善するためには、どんな食事を取ればいいのでしょうか。

一番おすすめなのは、和食です。

ご飯、味噌汁、納豆、海苔、魚、干物、卵など、旅館で出されるような典型的な和食だと、トリプトファンをたくさん取ることができます。

特に魚と納豆にはたくさんのトリプトファンが含まれていますよ。
良質な睡眠をとるためにはおススメの食品です。

トリプトファンをたくさん摂取できる、おすすめの食事(洋食)

次に、私もそうですが、洋食派の方におすすめの快眠メニューです。

おすすめは、卵、牛乳やチーズなどの乳製品、バナナ、肉を使った料理です。

例えば、チーズを乗せたトースト、目玉焼き、ホットミルク、バナナなんかは良いメニューですね。

フレンチトーストにすれば、卵やミルクも使えるのでなかなかいいです。

他にも、ベーコンエッグなんかもいいですね。

糖分も一緒に摂ること!

ちなみに、トリプトファンは糖分と一緒に取らないと脳内に吸収されません。

ですので、ご飯を一緒に食べたり、コーヒーに砂糖を入れたりして、積極的にブドウ糖をとるようにすると、睡眠の改善効果が高まります。

朝食を工夫するだけで、不眠症を改善して、快眠できるようになる可能性は十分あるので、ぜひ試してみてください。

夜遅い時間にご飯を食べると、不眠の原因になる!?

次に、夕食の話です。

今度は食事のメニューの話ではなく、ご飯を食べる時間の話になります。

仕事で帰りが遅くなった時などは、遅い時間に夕食を食べて、食後1,2時間で寝るということもがあると思います。

また、夕食後にお菓子を食べたりすることもありますよね。

ですが、睡眠の際に消化が終わっていないと、眠りが浅くなることがわかっています。

消化が終わらないと眠れない!

胃腸は寝ているときにも働きますが、胃は睡眠中は消化をしてくれないので、消化が終わらないまま眠ると、体が深い睡眠モードに入りにくくなってしまいます。また、胃炎などの原因にもなりますね。

消化にかかる時間は食べ物にもよりますが、だいだい4時間前には食事を済ませて、その後は間食しなければ大丈夫です。12時が就寝時間であれば、8時には食事を済ませられるといいですね。

夕食が遅くなる場合には・・・

・・・とはいえ、仕事で帰りが遅くなる場合もあると思います。

その場合は、例えば会社で軽く何かを食べておき、帰宅後に軽く消化の良い物を食べるようにすると、睡眠が邪魔されにくくなります。

肉などの脂肪は消化に時間がかかるので、ご飯、うどん、パンなどがいいですね。

食事に多少気を使うだけでも、睡眠の質や寝付きはだいぶ変わります。

不眠症で悩んでいる方は、ぜひ食事のメニューや時間帯に注意してみてください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。