【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

寝起きを良くするための5つのテクニック

寝起きが悪くて、毎朝スッキリと目覚められない・・・。

そのような寝起きの悩みを持っている方に、役立つテクニックを5つ紹介します。簡単に出来る方法なので、ぜひ寝起きを良くしたい方は試してみて下さい。

寝起きを良くするテクニック① カーテンを少し開けたまま寝よう

これは簡単にできるテクニックなので、私も気に入っている方法です。寝るときにカーテンを少し開けておいて、朝日が差し込むようにしておくだけでオッケーです。

太陽の光は体を活動的にするためのスイッチを入れる役割を果たしていて、朝日を浴びることで少しずつ体が活動モードに切り替わっていきます。具体的には脈拍や血圧が上がり、胃腸が活動を開始し、アドレナリンが出て体が目を覚ましていくのですね。

ですので、カーテンを少し開けておけば、朝に太陽の光が差し込んで、体が徐々に覚醒モードになり、スッキリと目を醒ませるようになりますよ。

寝起きを良くするテクニック② 睡眠時間を調整しよう

睡眠中は浅い眠りと深い眠りを繰り返しているのですが、浅い眠りのタイミングで目を覚ますことができれば、寝起きがよくなります。

一般的に、浅い眠りのタイミングは1時間半毎に訪れると言われています。ですので、睡眠時間が6時間、7時間半、9時間くらいだとスッキリと目覚められるということになりますね。ただし、浅い眠りが訪れるタイミングは人それぞれなので、睡眠時間を10分単位でずらしていって、自分にとって最も目覚めが良い睡眠時間を見つけることが大切です。

眠りが浅いタイミングを見つける方法としては、スリープトラッカーという腕時計型の目覚まし時計を使うと便利なので、よければ試してみて下さい。

寝起きを良くするテクニック③ 毎朝の起床時刻を同じにしよう

毎朝の起床時刻が同じであれば、脳や体は起床時刻をしっかりと記憶するので、起床時刻に合わせて体が覚醒モードになっていきます。そのため、寝起きが良くなります。

多くの方は平日は毎朝同じくらいの時刻に起きていますが、休日には寝坊していると思います。休日に起床時刻が1時間遅くなるくらいであればそれほど問題はありませんが、起床時刻が2時間、3時間と遅くなると、睡眠リズムが狂いだしてしまいます。その結果、寝起きが悪くなってしまうわけです。

ですので、寝起きを良くするには、できるだけ休日も平日と同じくらいの時刻に起床するようにしましょう。休日は平日と同じ時刻に起きて、眠い時は昼寝をするのがオススメですよ。

寝起きを良くするテクニック④ 目が覚めたらすぐにストレッチをしよう

目を覚ましてすぐに体を動かすと、短時間で眠気が醒めて目が覚めやすくなります。

私のオススメは、目を覚ましたら布団に寝転がったまま手足を動かすことです。手を上に伸ばしてグーパーを繰り返したり、足首を回したりしてみましょう。手足を動かすと体温が上がりやすいので、体が温まって目が醒めてきますよ。

初めは眠くて辛いと思いますが、思い切ってストレッチを始めてしまうと案外頭がスッキリとするので試してみて下さい。

寝起きを良くするテクニック⑤ 毎晩起きる時間を念じよう

目覚まし時計のアラームで目を覚ますと不快感が残りやすいですが、自然と目が醒めた時には目覚めがスッキリとしていますよね?
実は、多くの人は訓練次第で、目覚ましなしで好きな時間に起きることができることがわかっています。目覚ましなしで起きられるようになれば、毎朝寝起きが良くなり、スッキリと起きられますよね。

では、どうすれば好きな時間に自然と起きられるようになるかというと、『寝る前に、翌日の起床時刻を強く念じてから眠る』だけです。人の体内時計は眠っていてもきちんと時刻を把握しています。ですので、眠る前に起床時間を強く意識しておくと、その時刻に目を覚ましやすくなるのです。

本当にそんなことができるのかと思うかもしれませんが、好きな時刻に自然と目覚めることができる能力は、いくつかの研究でも明らかになっているので、ぜひ騙されたと思って試してみて下さい。

以上、朝の目覚めを良くするテクニックを5つ紹介しました。どれも簡単に取り組める方法ですので、できそうなものを選んで実践してみて下さい。寝起きが良くなり、毎日をスッキリとした気分で始めてもらえるようになれば幸いです。