【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

逆流性食道炎を改善して、熟睡するためのポイント!

逆流性食道炎は加齢によって起こりやすくなるものですが、食生活や生活習慣が原因となる場合もあります。食生活や生活習慣が原因である場合は、それらを意識して改善していくことで、逆流性食道炎の症状を和らげることが可能です。

逆流性食道炎を改善して、快眠できるようになりましょう。

逆流性食道炎を改善して、快眠するためのコツ!

食生活に気をつけよう!

逆流性食道炎を改善するためには、まずは食生活を見直しましょう。

脂っこい食事ばかり食べていないか、食べ過ぎていないか、ゆっくりと噛んで食べているか、こうしたことを見なおしてみましょう。

また、食事の時間も大切です。

消化が終わらないうちに横になると、胃液が逆流しやすくなり胸焼けなどが起こりやすくなります。少なくとも、食事は就寝の3時間前には終わらせて、それ以降は間食しないようにしましょう。

さらに、お酒、タバコ、カフェインの摂取もなるべく控えましょう。特に、就寝前のお酒やタバコ、コーヒーなどは特に胃に負担がかかります。

姿勢に気をつけよう!

逆流性食道炎は姿勢と深い関係があります。常に猫背気味の人は、姿勢を矯正する努力をしてみましょう。

なお、猫背がくせになっている人はなかなか治すのは難しくなります。その場合、整体などで診てもらうのも一つの手ですね。

就寝時には、頭を高くして寝よう!

逆流性食道炎の場合、特に就寝中に不快感を感じることが多くなります。これを防ぐためには、上半身を頭にかけて少しずつ高くすることが効果的です。背中のところにはタオルケットを敷いて、枕も普段よりも高くするなどして、上半身を高くするように工夫しましょう。

市販薬の服用や、病院での診察を検討しよう!

食事や姿勢、就寝時に上半身を高くするといった工夫をしても逆流性食道炎の症状が治まらない場合は、市販の薬を服用したり、病院に行く事が必要です。

市販薬には胃の分泌を抑えるようなものがありますし、病院でも薬を処方してもらえます。

こうした薬により、多くの人は胸焼けなど症状がだいぶ収まるようです。ですが、根本的に逆流性食道炎が治ったわけではないので、薬で症状を和らげながら、食事や姿勢を改善する努力が必要です。

以上、逆流性食道炎による胸焼けなどで熟睡できない場合の改善方法を紹介しました。こうした胃や食道のトラブルは、年をとるほど起こりやすくなります。少しでも気になる場合は、早めに対処して症状を悪化させないように気をつけましょう。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。