【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

冷え性は睡眠の敵!冷えを改善して不眠解消♪

冷え性の女性はとても多いですが、実は冷え性は睡眠を妨げるやっかいなものです。日頃から手足が冷え気味の女性は、不眠の原因として冷え性を疑ってみましょう。

ここでは、不眠を解消するために、冷え性を改善する方法を紹介します。

冷え性が不眠を招く理由とは?

それでは、どうして冷え性の場合は不眠になりやすいのでしょうか。

それは、体温変化が大きく関係しています。

冷え性が不眠を招く原因① 体温変化が小さい

一般的に人の体温は、日中は高く、就寝中は低くなります。

日中と睡眠中の体温の差は、最大で1度くらい違うこともあります。日中に体温が36.5分の人が、睡眠中は35.5分くらいまで下がるわけですね。

そして、この体温変化が大きいほど、寝付きがよくなり、深い睡眠をとれるため、熟睡しやすくなります。

冷え性の方は、就寝時に体温が下がりにくい

しかし、冷え性の人というのは、日中にあまり体温が高くありません。そのため、就寝中にも体温変化の幅が小さいので、寝付きが悪かったり、熟睡しにくいのです。

例えば、日中に体温が36度で、睡眠中に体温が35.5分まで下がる場合、体温変化は0.5度です。

日中に体温が36.5分で、睡眠中に体温が35.5分まで下がる場合、体温変化が1度あるので、より深い眠りにつきやすいわけです。

そのため、日中に体温が上がりにくい冷え性の人は、不眠になりやすくなります。

冷え性が不眠を招く原因② 手足からの放熱が少ない

冷え性の特徴として、手足が冷えるということがあります。しかし、手足が冷えていると、就寝時に体温が下がりにくくなり、寝付きが悪くなります。

人は眠りにつくときに、手足から熱を放出して、手足の血液を冷やします。(赤ちゃんは眠い時に手足が暖かくなるのはそのためです。)

そして、冷やされた血液が体中を巡ることで、体温が下がることになります。それが、スムーズな入眠を促してくれます。

冷え性の場合、手足からの放熱が少ない

しかし、冷え性の場合、手足からの放熱がスムーズに行かないため、結果的に体の深部の体温が下がりにくくなります。また、冷え性の場合は手足の血行が悪いので、手足の血液がうまく体に流れていきません。

そのため、眠ろうと思っても体温がうまく下がらずに、寝ようと思っても眠れないという状態になるわけです。

それでは、不眠を改善するために、どうのように冷え性を解消すればいいのでしょうか。

次のページでは、冷え性を解消するおすすめの方法を紹介します。

続きます↓↓

次のページ | 冷え性が不眠症の原因に!冷え性を解消する4つの方法