【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠時無呼吸症候群の人は、枕の高さを変えてみましょう

睡眠時無呼吸症候群を治療する場合、就寝時に鼻に呼吸器をつけたり、マウスピースをつけるといった治療方法が主になります。ですが、それとは別に、睡眠時無呼吸症候群の改善のために自宅で取り組めることがあります。

その1つが、枕の高さを調整することです。ここでは、睡眠時無呼吸症候群と枕の関係と、枕の高さの調整方法を説明します。

枕の高さが合わないと、睡眠時無呼吸症候群が悪化する!?

睡眠時無呼吸症候群とは眠っている時に呼吸が止まってしまう睡眠障害です。なぜ呼吸が止まってしまうのかというと、いくつかの要因により、酸素の通り道である気道が狭くなってしまうためです。

そして、気道の広さは、枕のちょっとした高さによって変わるものなのです。

枕が高すぎたり、低すぎたりすると、気道が狭くなり、無呼吸が増えます

枕が高すぎたり、低すぎたりすると、首の角度が不自然になり、その結果気道の広さが狭くなってしまいます。合わない高さの枕を使っているといびきをかきやすいのですが、それは首の角度が不自然でになることで、気道が狭くなっているからなのですね。

同様に、枕の高さが合わないことで、睡眠中の無呼吸の回数も増えてしまう可能性があるのです。

たった5ミリの違いで、気道の広さが変わる!

実は、枕の高さがたった5ミリ違うだけで、気道の広さは変わります。

(『枕革命 七番で体が変わる』 山田朱織)

自分にとってベストな高さの枕から、たった5ミリ枕が高かったり、あるいは低かったりするだけで、気道が狭くなり、いびきが増えたり、無呼吸の回数が増えるようです。

ですので、ちょっとした枕の高さ調整により、睡眠中の無呼吸が緩和される可能性もあるわけですね。

枕を調度良い高さに調整しましょう!

それでは、睡眠時無呼吸症候群に悩まされている方は、枕の高さを変えてみましょう。

枕の高さを変えるとなると、新しい枕を買わないといけないのかと思われるかもしれません。ですが、とりあえず次の方法で高さの調整が可能です。

  • タオルを枕に巻くか、枕の下に挟むことで、高くする
  • 枕の内容物が取り出せる場合は、取り出して高さを低くする

枕の高さはどうやって決めたら良いの??

肝心の枕の高さの決め方ですが、『横向きで寝た時に、頭の中心と体の中心が一本の線で結べる高さ』に調整することがおすすめです。

家族に見てもらいながら、しっくりくる高さになるように調整してみましょう。

以上、睡眠時無呼吸症候群の改善方法の1つとして、枕の高さを調整することを紹介しました。ちょっとした高さの調整だけで、無呼吸が減ることもあるので、ぜひ1度試してみて下さい。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。