【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

睡眠時無呼吸症候群のチェックテストをやってみよう

睡眠時無呼吸症候群の定義は、

『1時間に、無呼吸や低呼吸が5回以上起こる』

『一晩のうちに、10秒以上の無呼吸や低呼吸が30回以上起こる』

となっています。

ですが、一人暮らしの場合はこれを確認することはできませんよね。家族がいる場合でも、低呼吸かどうかの判断はわかりにくいこともありますし、一晩中観察してもらうわけにもいきませんね^^;

そこでここでは、睡眠時無呼吸症候群であるかどうかのチェック項目を紹介します。当てはまる項目が多かった方は、病院で検査を受けることをオススメします。

睡眠時無呼吸症候群のチェックテスト

  • ほとんど毎晩いびきをかく(そう指摘される)
  • いびきが大きい(そう指摘される)
  • 肥満気味で、首が太い
  • 起床時にひどい頭痛がする
  • 睡眠時間は確保しているのに、日中眠くて仕方がないことがある
  • 睡眠時間は確保しているのに、疲労感や倦怠感が強く、集中力が出ない
  • 深夜に2回以上、トイレのために目を醒ます
  • 花粉症やアレルギー性鼻炎などで、鼻が詰まりやすい
  • 高血圧や糖尿病である
  • お酒が好きで、寝酒の習慣がある

どれくらい当てはまったでしょうか。
これらの項目に複数当てはまるものがある場合、不安な方は病院で検査を受けることをオススメします。

睡眠時無呼吸症候群の正確な検査は病院で

このチェックテストはあくまで睡眠時無呼吸症候群の可能性があるかを調べるものなので、正確な検査は病院で行いましょう。

睡眠外来など、一晩泊まりで検査をしてもらえるところがあるので、調べてみるといいですね。

病院での検査では、睡眠中の脳波や呼吸の状態を調べることができます。このような検査により、睡眠時無呼吸症候群であるかどうか、正確に判断することができます。

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら・・・

睡眠時無呼吸症候群と診断されれば、生活における注意事項をアドバイスしてもらえたり、マウスピースや呼吸器を使用するなどの治療法を受けることも可能です。

睡眠時無呼吸症候群でなければ、気持ちも楽になるので、きっと快眠できるようになりますね。
ですので、気になっている方は一度検査されるといいと思います。

睡眠時無呼吸症候群のやっかいなところは、自覚症状が乏しいところ

さて、睡眠時無呼吸症候群のむずかしいところとして、なかなか自覚症状がないことです。
 
『最近なんだか眠気が強いなあ・・・』
『なんだか集中力が出ないなあ・・・』

というような悩みがあっても、それを睡眠時無呼吸症候群と結びつけて考えないのですね。

気になることがあれば、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみよう

そして、疲れているのかなとか、不眠症なのかな、というように考えてしまいます。

ですので、熟睡感がなかったり、日中の眠気が強いときには、睡眠時無呼吸症候群の可能性を疑って見るようにして下さい。特に、家族がそうした症状を訴えている時には、睡眠中のいびきや呼吸はどうなっているか、観察してみることをオススメします。

以上、睡眠時無呼吸症候群のチェックテスト・検査方法を紹介しました。
睡眠時無呼吸症候群はとてもこわい病気なので、心当たりがある場合は早めに検査・治療を受けましょう。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。