【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

仕事のストレスを解消して不眠症を克服する簡単なコツ

仕事のストレスが溜まっていて、それが不眠症を真似ているケースは多くあります。
ここでは、仕事でのストレスを解消するためのコツを紹介します。

デスクワーク中は適度に席を離れたりストレッチ

不眠改善のために、仕事中にストレスを溜めない方法として、適度なストレッチを行うことが効果的です。

長時間デスクワークを続けていると、同じ姿勢を続けているので、体が緊張してきて知らないうちにストレスが溜まっています。

それが夜の不眠を招いているんですね。

ですので、なるべく長時間同じ姿勢を取らないようにすることが肝心です。

適度にストレッチをして体のストレスを解消!

そのためには、1時間に1度は席を立ってみたり、肩を回すなどの軽いストレッチをすることがおすすめです。

ちょっとしたストレッチをするだけでも、体の緊張はだいぶ和らぐので、ぜひ実践して欲しいと思います。

私の知り合いには、仕事中に時間ができると、あてもなく散歩に出かける人がいます。

(決してサボっているわけではなく、アイディアを整理するためです。)

これも、ストレスを解消するという意味では、非常に理にかなったことですね。

ふらりと散歩に行く事が許される職場でしたら、やってみましょう。

同じ作業を続けていることもストレスに・・・

また、長時間同じ作業を続けていると、脳の特定の部分が集中的に疲れてしまいます。

そうすると、なかなかその部分の疲れやストレスがとれなくなってしまい、不眠症の原因となってしまいます。

ですので、大切なのは同じような作業を長時間続けないように注意するようです。

パソコンを使う仕事と、書類整理する仕事があるなら、それらを適度にバランスよくこなすなど、工夫してみましょう。

悩みを紙に書いて整理しよう

自分の考えを紙に書いて整理するというのは、単純なことですが、やはりとても効果があります。

特に仕事で不安やストレスを感じているときには、ぜひ試して欲しい方法です。

具体的には、どんなことに不安やストレスを感じているのか、その原因は何か、それはどうすれば解決できるのか、ということを書いてみます。

そうすることで、解決できる問題は対処できますし、そもそもどうしようもない問題なら仕方ないとあきらめられます。

同様に、仕事が忙しい時にも、紙に書いて整理することは効果的です。やるべきことを書きだして、優先順位をつけてみると案外スッキリするものですよ。
 

ここでは、不眠症の原因として多くの人が抱えている、仕事のストレスの解消法を紹介しました。

やはり職場は1日の大半を過ごすわけですから、当然ストレスが溜まりやすいわけです。

ここで紹介した方法を実践して、ストレスを和らげれば、不眠の症状も緩和していくはずです。

快眠のために、ぜひ取り入れてみてください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。