【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

自己覚醒法をマスターして、朝の目覚めをスッキリと!

『明日は大事な用事があるから、朝6時に絶対起きよう!』

そう思って眠ったら、目覚ましが鳴っていないのに、なぜか5時55分くらいに自然に目が覚めた・・・
こんな経験ありませんか?

私もつい最近、サッカーの試合を観たいから午前4時くらいに起きたいなあ・・・と思って眠ったら、見事に4時頃に目覚ましなしで起きられました。

実はこのような自分で起きたいと思う時間に自然に目を醒ます能力は、誰にでも備わっているものなのです。ここでは、この『自己覚醒法』をマスターして、毎朝スッキリと目覚める方法を紹介します。

自己覚醒法で目覚めると、目覚めの良さは格別!

Photo by Ketut Subiyanto on Pexels.com

目覚ましなしで起きた時のことを思い出してもらえればわかりますが、自然と目が覚めるのは非常に気持がいいですよね。眠くてだるかったり、頭がボーっとすることも少なく、スッキリと目を覚ますことができるはずです。

自己覚醒法で、朝の目覚めがスッキリ!

同様に、自己覚醒法を使って目覚ましなしで希望する時間に起きれた時も、とても朝の目覚めがよくなります。

いくつかの研究でも明らかになっているのですが、自己覚醒法で目を覚ました場合、目覚ましなどで目を覚ます時と比較して、眠気を感じにくいことや、脳の覚醒度が高いことがわかっています。

自己覚醒法は、浅い眠りの時に目を醒ませる

自己覚醒法で起床するとスッキリと目が覚める理由の1つには、自己覚醒法ではレム睡眠のタイミングで目を覚ましやすいことが挙げられます。レム睡眠は浅い眠りなので、このタイミングで目を覚ますことができれば、あまり眠気を感じずに起床することができるのです。

ホルモンがスムーズな目覚めをサポート!

また、自己覚醒法で起床した時には、副腎皮質刺激ホルモンというホルモンが、起きたい時間の1時間くらい前から徐々に上昇することがわかっています。副腎皮質刺激ホルモンは体の活動を活発にするホルモンですが、このホルモンがゆっくりと分泌されることで、無理なく体が活動できる状態になるわけですね。

一方で、目覚ましなどで強制的に目を覚ます時には、目を覚ました瞬間から一気に副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が高まります。つまり、急激に体が目覚る状態を作り出しているので、体に負担がかかっていて、目覚めもすっきりしないのですね。

自己覚醒法で目覚めれば、日中の眠気も減少!

Photo by Sora Shimazaki on Pexels.com

また、自己覚醒法によって自然と目を覚ました場合は、日中に眠くなることも少なくなるそうです。

ですので、自己覚醒法をマスターできれば、朝スッキリと起きることができて、日中も活き活きと活動できますね。

それでは、自己覚醒法をマスターするには、どうすれば良いのでしょうか。

次のページで、自己覚醒法を身に付けるための訓練法を紹介します。

続きます↓

次のページ | 朝の寝起きを良くする自己覚醒法の訓練方法