【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

生理・月経の影響で、不眠など睡眠に異変が起こる!

生理や月経の前に決まって不眠になったり、生理中に不眠になるという女性がいます。

生理前に体調が優れない、いわゆる生理前症候群(PMS)は多くの女性に経験があることだと思いますが、不眠も生理前症候群の1つに含まれています。

思い返してみたら、いつも生理前の1週間くらいになると不眠になっている気がする・・・、そんな方は、生理前症候群が原因で不眠症になっているかもしれませんね。

ここでは、生理・月経と睡眠の関係を説明し、生理が原因となる不眠症の対策を紹介します。

生理・月経前に眠くなりやすいのはなぜ?

Photo by Polina Zimmerman on Pexels.com

生理・月経の1,2週間くらい前から、睡眠に異常が起こる女性はとても多いです。最も多いのは、生理前には眠くて仕方が無いという、月経前過眠症という症状です。

これは、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが関係していると言われています。

プロゲステロンは生理前になると分泌量が増えるのですが、これは眠りを促進する作用があります。

女性ホルモンが体温を上げるので眠くなる!

また、プロゲステロンは体温を上げる作用もあります。

生理前に体温が高くなるのは、この女性ホルモンの影響なんですね。

そして、月経前は常に体温が高い状態で、体温変化があまりはっきりしなくなってしまいます。通常は、睡眠中は体温が下がり、日中は体温が上がって目が覚めるのですが、体温変化が少ないと、日中もなかなか目が醒めなくて、眠気が襲ってくるようになります。

このように、プロゲステロンという女性ホルモンの影響で、生理前、月経前には眠くなるわけですね。

月経前に不眠になる、月経前不眠症の原因は何?

Photo by Polina Zimmerman on Pexels.com

月経前には過眠になりがちな女性が多いのですが、それとは逆に、生理前に不眠症になりやすい女性もいます。

割合で言うと、生理前や生理中に不眠の症状に悩まされる女性の割合は数パーセントと言われていますが、それでもかなりの数の女性が、月経に関連した不眠に悩まされていることがわかります。

月経前の不眠の原因も、女性ホルモンの乱れ?

月経前や月経中に不眠になる理由としては、はっきりとはわかっていませんが、これも女性ホルモンのバランスが崩れることが原因と言われています。さきほど、月経前に眠くなる理由の説明として、体温が普段よりも高くなることで、眠気がとれにくくなると紹介しました。

しかし、体温が普段よりも高いということは、寝ようと思った時も体温が下がりにくいということです。

通常は眠りにつくときには体温が下がることで眠りに入るのですが、体温が下がりにくいと寝付きが悪くなりがちです。

ですので、月経前に不眠になる理由として、女性ホルモンの影響で、体温が下がりにくいことも考えられます。

次に、月経前症候群など、月経や生理に関連して不眠になる場合の対策を紹介します。

続きます↓↓

次のページ | 生理・月経前の不眠を解消するには?