【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

女性の不眠|更年期には睡眠の悩みが強くなる!

更年期の女性は、不眠の悩みを持つ割合が高くなります。50歳あたりから、なかなか寝付けないといった入眠障害や、夜中に目が醒めてしまって熟睡できない、といった不眠の悩みが強くなる女性が多いんですね。

このような更年期の不眠の悩みは、男性よりも女性の方が多いことがわかっています。ここでは、更年期の女性がなぜ不眠になりやすいのか、どのような不眠症対策をとればよいのかを紹介します。

最近なんだか睡眠がうまくとれないな、と悩んでいる女性の方は、参考にしてみてください。

更年期の女性は、実は男性よりも良質な睡眠をとっている!?

Photo by Edu Carvalho on Pexels.com

一般的に、睡眠に関する不満は、どの年代でも男性よりも女性のほうが強いことがわかっています。

特に更年期以降では、女性の睡眠に対する不満が強くなるのですが、それ以外の年齢でも、女性の睡眠に対する不満は男性よりも強い傾向にあるんですね。

いくつかの調査でも、男性よりも女性のほうが、不眠症を訴える人の割合が多かったり、睡眠薬を処方されている割合が多かったりということもわかっています。

実際は、女性のほうが熟睡できている!?

ですが、とても不思議な事なのですが、実際に脳波を測定してみると、ほとんどの年代において、男性よりも女性のほうが質の良い睡眠をとれていることがわかっています。

例えば、夜中に目が醒めてしまう中途覚醒の割合は、ほとんどの年代において、女性よりも男性の方が多くなります。また、深い睡眠(徐波睡眠)の割合も、男性よりも女性のほうが高い場合が多くなります。

実際には女性は男性よりも深くて良質な睡眠をとっているにもかかわらず、女性のほうが睡眠の不満を持ちやすいのはなぜなのでしょうか。

それは、女性ホルモンが影響していると考えられています。

更年期の女性の不眠は、女性ホルモンが影響している!?

Photo by Victor L. on Pexels.com

50歳前後になると、女性は月経が終わり、更年期と呼ばれる年代になります。この更年期では、月経が終わる関係で女性ホルモンの分泌量が大幅に減少します。

更年期障害として、頭痛、めまい、肩こり、動悸などが起こりますが、これも女性ホルモンのバランスが乱れることが原因と言われていますね。不眠症も同じで、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因となって起こるものだと言われています。

実際に更年期障害に悩んでいる女性の多くは、不眠などの睡眠の悩みを抱えているそうです。

女性ホルモンが減少して、ストレス耐性が低下する!?

そして、これははっきりと解明していることではないのですが、更年期に女性ホルモンが少なくなることで、体がストレスに弱くなるのではないかと考えらています。

つまり、女性ホルモンのバランスが正常だったときは、多少睡眠が上手く取れなくても気にならなかったのが、女性ホルモンが減少してストレス耐性が低下したことで、不眠に対する不満を感じやすくなっているということです。

こうした理由から、更年期の女性は睡眠に対する不満を持ちやすくなります。

続きます↓↓

次のページ | 更年期の女性の不眠は、この方法で解消しましょう

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。