【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

加齢による不眠を改善するための2つの方法

年齢とともに、睡眠の質が低下することは当然のことです。
ここでは、加齢による睡眠の変化と、不眠を改善するための方法を紹介します。

加齢により、中途覚醒が増えて、深い睡眠が減少する

Photo by Daria Shevtsova on Pexels.com

加齢により、寝付くまでに時間がかかったり、夜中に目が覚める回数が増えて、睡眠の質が下がることがわかっています。実際に脳波を測定してみると、50代の中途覚醒の回数は、30代の人の3倍ほどになっています。

夜中に目が覚める回数が多くなる分、熟睡感は減ってしまいますね。

年齢とともに、深い睡眠も減少します

また、深い睡眠(徐波睡眠)が訪れる時間も、年齢とともに減少することがわかっています。深い睡眠は睡眠の最初の3時間くらいのうちに集中して訪れるものなのですが、50代くらいになると、最初の3時間くらいのうちにも深い睡眠がなかなか訪れなくなります。

つまり、年齢とともに夜中に目が覚めやすくなり、眠りが浅くなるわけですね。そのため、年をとるほどに熟睡感が減り、不眠の症状を訴えることが多くなります。

加齢が原因の不眠症を改善するには?

Photo by Askar Abayev on Pexels.com

若いころのように安眠したい、という望みを叶えることはさすがに難しいですが、不眠の症状を今よりも改善することは可能です。そのためには、体温変化にメリハリを付けることと、メラトニンの分泌量を増やすことが大切です。

体温変化にメリハリをつける

年を取るごとに、体温変化と睡眠-覚醒のリズムがずれやすくなります。

本来は体温が下がり始めるあたりで眠りに入り、体温が上昇するタイミングで起きることが理想的です。

しかし、年齢により体温変化と就寝、起床のタイミングがずれやすくなるわけですね。

体温変化のズレを修正する方法としては、眠る前に体温を上げることと、朝日を浴びることです。

これだけでも、体温変化が調整されて、不眠が改善しやすくなります。

朝日を浴びると、不眠が解消できるわけ

夜に体温を上げて快眠!睡眠と体温の深い関係とは・・・

メラトニンの分泌量を増やす

年齢とともにメラトニンという睡眠物質の量が減少して、それが不眠の一因になると言われています。

そのため、メラトニンの分泌量を増やすことで、不眠が解消しやすくなります。

メラトニンの分泌量を増やす方法としては、手っ取り早いのはメラトニンの元となるアミノ酸を摂取することです。

ここでは、加齢により睡眠の質が低下することと、加齢が原因の不眠の対策を紹介しました。
特に50代くらいになって睡眠の不満が強くなった方は、ここで紹介した方法が効果的だと思います。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。